債務整理で安心を取り戻す

MENU

CLOSE

債務整理で安心を取り戻す

以前お付き合いしていた男性に利子を含めると500万円程の借金があると告白されました。

若い頃に生活費に困って消費者金融から借りたということでしたが、詳しい話は本人も忘れてしまっていたそうです。複数の消費者金融から請求書が届いていたり、なかには裁判を起こすといった内容の書面もありました。毎日のように電話もかかってきていたそうです。同棲を始めて転居届を提出すると、新しい住居に見ず知らずの人が訪れて返済を求めて玄関前に居座るといったこともありました。

私は今までお金を借りたこともなく、このような状況に陥ったことが初めてでしたので、とても怖くなり、知人の弁護士のところへ相談に行きました。最初に訪れた弁護士事務所では開口一番に「自己破産しましょう。簡単ですよ。」と言われました。しかしながら、調べてみたところ自己破産にはメリットとデメリットがあるということでしたので、念のため知り合いに紹介してもらった弁護士事務所にも行ってみました。

そこでは「一社ずつ債務整理をしますから大丈夫ですよ。」と優しいお言葉をいただき、言われるがままにまずは信用情報を確認しに行きました。信用情報機構と信用情報機関に出向き、いま残っている債務を教えてもらいました。借金には時効というものがあるらしく、特定の期間、返済をせず返済の意思を見せなかった場合には、時効が適用されるということでした。現状、返済の必要があるのは何社で金額はいくらなのかを明確にするところから債務整理は始まるのです。とにかく取り立てから逃げ回って全く返済していなかったことが結果としては時効につながることとなり、ほぼ全ての借金は時効成立となりました。

とはいえ、個人が消費者金融に「時効ですからもう返済しませんので取り立ては中止してください」と伝えても相手はなかなか引き下がらないどころか取り立てが厳しくなることもあるそうで、やはり弁護士を通して申請してもらうのが最良の方法とのことでした。弁護士事務所に呼ばれ時効成立の報告を受けたその日から驚くほどピタッと取り立てがなくなりました。これでもう安心して生活ができると本当にホッとしました。

弁護士費用は残っていた借金総額の10%といった感じで決められていましたので、多少の出費はあったもののこれで済んだという安堵感のほうが強かったです。但し注意しなくてはいけないのは、債務整理が終わったからといって新たな借金を作らないことです。油断するとまた同じことになります。お付き合いしていたその男性はまたローンや借金を繰り返し、結局別れてしまいました。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧