どんな準備が必要?借金問題を弁護士に相談するときのポイント

MENU

CLOSE

どんな準備が必要?借金問題を弁護士に相談するときのポイント

借金問題は早めに弁護士へ相談を

借金問題解決のポイントは、弁護士への早期相談です。借金は時間が経てば経つほど利息がかさみ返済が苦しくなってしまうため、早期の相談が非常に重要です。借金の悩みは恥であると考えて相談をためらう人は少なくありませんが、時間が借金問題を解決してくれることはありません。

弁護士に悩みを相談するのは恥でもなんでも無く、問題解決に向けた前向きな努力です。借金問題はなるべく早めに弁護士に相談し、どのように対処すればいいのか協力して解決方法を探してください。

弁護士に相談するときのポイント

無料相談を活用する

借金問題を専門に手がける弁護士の多くは、経済的に苦しい人でも訪れやすいように初回無料で相談を受け付けています。まずは無料相談を利用して悩みを打ち明け、弁護士の態度や実力をチェックしましょう。

法律の専門家と言っても弁護士も人間ですから、相性もあれば実力の違いも存在します。親身になって悩み相談に乗ってくれる弁護士もいれば、お金のために仕事と割り切って対応する弁護士もいます。借金問題解決をよくない弁護士に依頼してしまうと希望に沿った対応をしてもらえず費用ばかり請求される、という事態になりかねません。

まずは無料相談で弁護士の人柄と質を見極め、これはと思う弁護士を見つけたら正式に債務整理を依頼しましょう。事前相談もせずいきなり正式に依頼をしてしまうと、万一相性が悪かったとしても簡単には依頼を取り消せません。キャンセル料も発生してしまうので、安易に正式契約は結ばず慎重に検討してください。

借金状況をメモしてまとめておく

弁護士に相談すると言っても、その場になると緊張してうまく話せなくなってしまうものです。限られた時間の中で効率よく相談するためにも、事前に金額や借入先など借金状況をメモにまとめておきましょう。必要な情報をメモにまとめておけばスムーズに説明できて時間短縮にもなりますし、うまく話す自信がなければメモを弁護士に見せれば相談内容は伝わります。

ただし、あまりメモの内容を絞り込みすぎてしまうと必要な内容まで削ってしまう恐れがあります。わかりやすくまとめるのは大切ですが、まとめることにこだわりすぎず必要な情報を漏らさないようにしてください。

資料や書類を持参する

内容をまとめたメモだけでは不十分な可能性もあるので、借金関連の資料や書類はできるだけ持参しましょう。契約書や請求書、残高証明書などがあれば借金の全貌が具体的にわかります。複数の業者から借り入れている場合はすべての業者の資料や書類を持参してください。

1社でも漏れがあると借金の全貌が把握できず、具体的な見積が出ない可能性があります。正式に契約すれば信用情報などを照会してきちんとした借金状況がわかりますが、相談の段階では資料や書類が重要な役割を担うので忘れず持参してください。

収入や資産は正確に伝える

債務整理に大きく関わるのが収入と資産です。債務整理は借金が返済できなくなってしまった場合の最終手段であり、十分な収入や資産があるのに債務整理で返済負担を軽減することは認められません。

債務整理では収入や資産を元に返済計画を立て直しますが、正確な金額を伝えないと成立するはずの債務整理が失敗に終わる可能性もあるのでウソを交えず正直に話してください。

弁護士は収入や資産を考慮して最適な解決方法を探します。債務整理せずに資産の一部を処分しての返済を薦められることもありますし、マイホームを守りながら債務整理できる個人再生など状況に応じた解決法を提案してくれるでしょう。

希望はしっかり伝える

どのような形で借金問題を解決したいのか、希望はしっかり伝えましょう。弁護士は借金問題解決の専門家で、依頼者の希望を実現するために尽力してくれます。

周囲に債務整理を知られたくない、とにかく早く借金問題を解決したい、厳しい取り立てをストップしてほしいなど希望を伝えれば実現に向けて素早く動いてくれます。弁護士とともに借金問題を解決してよりよい未来を切り開くためにも、希望はきちんと伝えてください。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧