債務整理で住宅ローンに影響が出ないか心配なんだけど、、、

MENU

CLOSE

債務整理で住宅ローンに影響が出ないか心配なんだけど、、、

債務整理は犠牲にするものが多いんでしょ?

c79eb9124c4e77476a64d090dbfeaf5a_s

任意整理や過払い金請求など、私たちの身近な存在になりつつある債務整理。法的に借金を減らすことができる有効的な手段です。借金を減額するために債務整理を検討している債務者は多いと思いますが、任意整理や過払い金請求は 手軽に行える反面、そこまで 大きな借金減額は期待できません。

となると、個人再生や自己破産という選択になると思います。しかし、個人再生や自己破産は「犠牲にするものが多い」というイメージを抱いている人も多いと思います。

住宅ローンを抱えている債務者は個人再生がおすすめ

特に、住宅ローンを抱えている債務者は「住宅を手放さなければならないのではないか?」という不安があるのでしょう。そんな債務者におすすめなのは個人再生です。個人再生は、所有住宅を手離すことなく大幅に借金を減額させることができます。いったいどのような内容になっているのか説明していきたいと思います。

  • 住宅を手放す必要がない

住宅ローンを抱えている債務者にとっては一番のメリットと言えるのではないでしょうか。所有住宅だけではなく、自動車も手放す必要がありません。弁護士に相談するだけではなく、裁判所も利用する 手の込んだ債務整理ですが、自己破産のように財産をすべて失う必要がないので、生活の状況を極端に変える必要がないのはメリットと言えるでしょう。

  • 残った借金は3年以内に返済しなければならない

個人再生をした後に残った借金は、基本的に3年以内に返済する決まりがあります。「3年以内に返済できるか不安」という意見もあるかもしれませんが、個人再生は借金を1/5まで減らすことも可能です。そのため、頑張って返済していきたい意志があるならば決して難しい条件ではありません。

  • 継続収入が見込める債務者でないと行えない

個人再生は3年以内に返済するという条件がありますから、継続的に収入が見込める債務者でないと個人再生を行うことはできません。そのため、きちんとした定職に付いている必要があります。

もっと大きい借金で、返済が不可能な場合には自己破産

6cbb39618a64a9062086e081267739af_s

「借金滞納が続き、金利も払えないし元金も払えない」というところまで追い込まれてしまった債務者は自己破産を相談しなければなりません。自己破産は本当に追い込まれてしまった時の最後の選択肢ですから、できる限り避けたい債務整理ではありますが、いつ誰の身に起こるかわかりませんので、一応その概要は理解しておいた方が良いでしょう。

借金の返済をしなくて済む

これは自己破産の一番のメリットと言えるでしょう。借金がいくらあろうが、今後一切返済する必要はないので、すぐに返済のストレスから解放されることができます。

無職の債務者でも手続きができる

自己破産は個人再生とは違い、無職の債務者でも行うことができます。返済ができないわけですから、当然といえば当然ですよね。そのため債務者を選ばないというのはメリットかもしれません。

資産が少ないのであれば手続きがすぐに終わる

自動車や住宅を所有する場合は手続きが 長引くケースが あるのですが、所有している資産が少ない債務者ならすぐに手続きが終了してしまいます。

裁判所からの許可が必要

自己破産を行うには裁判所の許可を取る必要があるので、裁判所からなかなか許可が下りない場合には長引いてしまいます。これがストレスになるデメリットがあります。

財産を手放さなくてはならない

家や自動車をはじめとした所有財産を全て手放さなくてはなりません。パソコンや家具家電、高額な趣味の買い物など、少しでも値打ちがつきそうな財産は差し押さえの対象になります。

仕事の資格を失ってしまう

弁護士や司法書士、税理士などが自己破産を行った場合にはその資格を失ってしまいます。そのため、職業によっては仕事を変更しなければなりません。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧