あなたは大丈夫?身近なところから膨れ上がってしまう借金の現状

MENU

CLOSE

あなたは大丈夫?身近なところから膨れ上がってしまう借金の現状

借金をしてしまう人にありがちな理由とは?

f26cd4ade3db0f4f1b6f0c1fedff0ace_s

借金で困っている人たちの多くは、いきなり高額な金額を借り入れしているわけではありません。返済していけると思われる少額の借金から始める人がほとんどです。その理由は結構身近なものばかり。代表的な理由は次のようなものとなっています。

  • 旅行に行くため
  • 結婚式のご祝儀のため
  • 引っ越しの費用
  • ギャンブル
  • 趣味にお金がかかるため

これらは決して珍しいものではないですよね。今現在こういった理由で借金をしている人も少なくないと思います。しかし注意が必要です!こんなところから、滞納したり、家族が崩壊したり、夜逃げをしたり、最悪の場合は自殺まで追い込まれてしまうのですから借金は怖いものなんです。

借金をちゃんと返済していきたいならば債務整理をしましょう

ff5b63884aeacf7149f0caa7fd678ab3_s

借金をしている人たちは、「金利や利息を払うだけで精一杯で元本が全然減らない」という状況で、精神的に追い込まれている人も多いでしょう。また、いくつもの消費者金融から借金を重ね続けて「 火の車状態」の人もいますよね。

でも、多くの債務者は「ちゃんと返済したい」と思っているはずです。ならば債務整理をすることをお勧めします。債務整理は、弁護士に相談するという手間はかかるものの、借金が半額になるケースも珍しくないので、返済がかなり楽になります。一言で債務整理と言ってもやり方がいくつか存在しているので、それぞれの概要について 説明していきたいと思います。

過払い金請求

借金を重ねている人は知らないうちに法外な利息を支払っているケースがあるんです。現在は金利が法的に見直されているので 少ないトラブルなのですが、利息が見直される2006年前後まではあり得えました。

過払い金請求をすると数10万円から100万円以上の過払い金が戻ってくるケースもあるので、思い当たる債務者は検討した方がいいでしょう。場合によっては「返済途中の借金が既に返済し終えていた」という状況もありますから、一気に借金から解放される可能性もあります。

任意整理

任意整理は裁判所を利用しない債務整理なので、一番手軽な方法として人気です。家族や職場に借金していることを黙っている債務者でもバレないように行うことが可能ですし、債務整理した後のダメージも一番小さいので、まずは任意整理から検討してみた方がいいかもしれません。それでも借金の減額が期待できない場合には、個人再生や自己破産を検討をすると良いでしょう。

個人再生

個人再生は裁判所を利用する本格的な債務整理なのです。財産を手放す必要がないので、手間のかかる債務整理でありながらもダメージを必要以上に抱える必要のない債務整理です。名前の通り「債務者を再生」していくことが目的なので、仕事も引き続き続けていくことができます。

自己破産

自己破産は借金を無かった事にできる債務整理なので、一切返済する必要がなくなります。その代わり財産を全て手放さなければならないので、無一文になる覚悟で行わなければなりません。人生の再スタートをゼロから踏み出すことになりますから、デメリットの方が目立っています。だから出来る限り避けた方が良い債務整理です。

債務整理に興味がある人は一度シュミレーターを利用してみよう

債務整理をすることでどのくらい自分の借金を減らすことができるのか興味がある人は、一度シュミレーターを利用してみたらいいと思います。インターネットで検索すれば簡単にシュミレーターを見つけることが可能です。

過払い金請求から自己破産まで、あらゆる債務整理のシュミレーションができるようになっていますから、初心者でも簡単にイメージをつかむことができます。それから弁護士に相談しても 遅くはありません。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧