支払期日は絶対厳守!やってはいけないクレジットカードの滞納

MENU

CLOSE

支払期日は絶対厳守!やってはいけないクレジットカードの滞納

クレジットカードの延滞を甘く見ると大変なことに

6c1b4cda275b476265733e20157a70ec_s

クレジットカードは広く普及しており、大学生でも簡単に作れるカードもあります。便利な決済手段として1枚持っておくと安心なクレジットカードですが、便利だからといって使い過ぎは禁物です。

もし返済日までに指定の金額をしはらず延滞してしまうと恐ろしい未来が待っています。クレジットカードは支払いをカード会社に立て替えてもらう借金の一種です。軽く考えると痛い目にあうので心して使わなくてはいけません。

クレジットカードで延滞するとどうなる

クレジットカードのし洗美までに金利を含めた金額を支払わないとどうなるのでしょうか。最初はカード会社から入金されていないことについて確認の電話がかかってきます。うっかりした支払い忘れなどであればこの段階ですぐに入金すれば延滞扱いにはならず、特別な利息も加算されません。

しかし、問い合わせの電話を無視してさらに支払いを遅らせてしまうと悪質な延滞として扱われます。一度延滞扱いになってしまうと慌てて入金しても延滞の事実は抹消できません。延滞分の金利も加算されてしまいます。

延滞は借金踏み倒しと同じ

クレジットカードの支払金を延滞してしまうのは借金を踏み倒しているのと同じです。カード会社は信用を基に商品代金を立て替えているわけで、期限を守らず延滞するというのは信頼を踏みにじる好意にほかなりません。1日くらいなら遅れてもいいだろうと考えてはいけません。カード会社によっては1日でも入金が遅れたら即延滞扱いになる可能性もあります。

延滞で生じる多くのデメリット

クレジットカードの支払いを延滞させてしまうとその時点でカードが停止され利用できなくなります。複数のカードを持っていても滞納の事実は金融業者感で共有されているため、その他のクレジットカードも同僚に利用不可になります。分割払いを利用していた場合は残額を一括請求されます。

一括返済のお金が用意出来ない場合は法的な手続きが取られ、強制執行で給料や財産を差し押さえられてしまいます。債務を全額返済したとしてもまだまだデメリットは有ります。延滞の事実は金融事故扱いになり、信用情報機関のブラックリストに記録されてしまいます。

今後5年間は新たなクレジットカードは作れなくなり金融機関でローンを組むこともできなくなります。延滞に金額は関係ありません。わずか延滞額が100万円でも100円でも基本的に同じ措置が取られてしまいますから、金額の大小にかかわらず支払いは期日までにきちんと済ませてください。

クレジットカードを延滞してしまった場合の対処法

3d60f4302a5107661cce7dd13c894eb7_s

クレジットカードは絶対に延滞すべきではありませんが、もしも延滞してしまったらどのように対処すればいいのでしょうか。

カード会社に相談する

延滞してしまいそうになったら早めにカード会社に電話をかけ、担当者に延滞の可能性があることを相談しましょう。延滞が一時的なもので数日で確実に返済できるのであれば返済日を数日間猶予してもらえる可能性があります。

ただし、支払いの猶予は緊急避難的な措置であり何度も繰り返し猶予してもらえるわけではありません。何度も猶予を願い出ると破綻の可能性があると判断されカードが止められてしまいます。

弁護士に相談する

延滞がかさんで返済見込みがなくなってしまったら弁護士に相談しましょう。債務問題に強い弁護士に相談すれば取るべき対象法をアドバイスしてくれます。カード以外にも借金がかさんでいれば債務整理で借金を減らすという選択肢もありますし、長年キャッシングの返済を続けている場合は過払い金請求でお金を取り戻しクレジットの返済に回せる可能性もあります。

手の打ちようがなければ債務整理の中で最も強力な手段である自己破産で債務を帳消しにするという方法もあります。ひとりで悩まずに債務整理の専門家である弁護士の力を借りて対処してください。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧