配偶者が借金で債務整理に!?そのとき、あなたはどうなる?

MENU

CLOSE

配偶者が借金で債務整理に!?そのとき、あなたはどうなる?

借金をしすぎると債務整理も必要になります

債務整理は悪いことではない

借金が払えなくて生活もままならないほどに悩み続けているのなら、早いうちに債務整理をするのも一つの手です。借金は本来一括で返すはずのお金を分割で返済している状態なので、もし返済を滞ったまま放置していると一括請求通知が届いて裁判になることも考えられます。

もし、裁判になってしまったらまず勝てませんし、最悪の場合は銀行口座や給与の一部、場合によっては家屋の差し押さえに陥ることもあります。そうなってしまうくらいなら、多少のデメリットはあっても債務整理をしてしまった方が良いのです。

債務整理とは借金を支払い可能な状態にするものですが、効力の弱い順番に任意整理、個人再生、自己破産となっています。このうちどの債務整理を用いるかは弁護士との相談を経て決めます。今は初回の相談料が無料となっている弁護士事務所も多いのでお金に余裕がなくとも安心です。ここで、債務整理の3つの手続きを簡単に解説します。

まず、任意整理とは裁判所を通さずお互いの合意で債務整理をするものです。支払いの期間は3年が相場で長くて5年まで延ばせることもあります。任意整理で減らすことができるのは利息で、違法な利息を支払っている場合は元本と相殺し、将来の利息もカットします。そのかわりブラックリストに5年間から9くらい記載されるというデメリットがあります。

個人再生は、債務を大幅に減額する代わりに財産の一部を差し押さえられるという制度です。個人再生のあとに残る債務は多くても手取りの2年分くらいになります。こちらも3~5年での返済が求められるもので、最低100万円、最高で5000万円までの債務が対象になっています。

個人再生の場合は5~7年間ブラックリストに掲載されるほか、官報にも掲載されます。差押の財産から住宅や自家用車は外すことも可能です。自己破産は、債務をゼロにする債務整理です。他の債務整理がしっかり返済できることを条件とするのに対し、自己破産はもうどのように手を尽くしても返済できない時に利用される債務整理です。

自己破産には10年間のブラックリスト掲載、官報への掲載といったデメリットがあります。また、最低限の差し押さえ禁止財産を除けば自宅も自家用車も差し押さえの対象となります。悩み続けると、差し押さえまで一直線なので督促状が来るようになったら弁護士へ相談をしましょう。

配偶者の借金が明らかに!その時、あなたの義務は?

配偶者が知らぬ間にしてしまう隠れ借金

もし、あなたが借金をしない様に注意していたとしても配偶者が借金を重ねている場合は家庭の問題となってしまいます。残念ながら配偶者に隠して借金をしている人は多く、借金がばれて離婚となることも珍しくありません。家計に余裕があるから使う、このくらいならいいやと手を出してしまう、そんなだらしのない人と結婚をしてしまったら夫婦生活の運営も大変なものになります。

また、お互いが働いているという場合も配偶者の隠れ借金が分かりづらい面や相手に期待をして貯蓄を怠ってしまい、いざという時に大変な思いをすることがあります。お互いのお金を同じ口座に入れなくても収支状況は確認する習慣をつけましょう。

返済義務が発生するのは保証人になった時だけ

もし、配偶者がお金を使いすぎて債務整理をした時にはあなたが何かの義務を負うことはありません。自己破産をした場合にも配偶者の謝金を返済しろと迫られることは無いので安心してください。そのため、借金が発覚した=離婚という訳でもありません。

ただし、配偶者の借金に対して保証人となった場合は別です。大きな借金と言えば住宅ローンがありますが、配偶者が自己破産した場合はあなたが支払うべきお金になります。よって、住宅ローンの支払いが難しい時はさっさと任意売却をして引っ越すことも合理的な手段と言えます。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧