抱えている借金が全てなくなる!自己破産のいい点と注意したい点

MENU

CLOSE

抱えている借金が全てなくなる!自己破産のいい点と注意したい点

苦しい借金の返済から解放される自己破産を行うメリット

借金がなくなる債務整理の方法

債務整理は借金の返済が滞ってしまったかたが状況を改善させるための手段で、通常は弁護士に相談を行って対応していくことになります。債務整理には借金額を減らして完済させることを目標とする任意整理や民事再生などいくつか種類がありますが、その中でも自己破産は返済の当てがなく、また、収入もない場合などに申し立てを行うことで借金を0にすることができるというものです。

返済のためにさらに借金を重ね続けるなど、一向に苦しい状況を改善できない悩みを抱えているかたは少なくありません。自己破産は借金を失くすことで生活の再出発を図ることができる救済の手段になります。

自己破産でしつこい取り立てから解放される

度重なる借金返済の督促に悩み、ストレスになっているというかたも少なくありません。取り立ての電話や届き続ける郵便物などでプレッシャーが大きくなりますし、本人だけならまだしも、家族と同居している場合などは家族間の雰囲気が悪くなることもあります。

自己破産をすることによって債務者は返済の義務から解放されることになりますので、当然こうした債権者の行為はストップします。精神的に楽になるというのがかなりのメリットです。

財産が全て取られるわけではない

自己破産をした場合、全ての財産が取られて今後の生活が立ち行かなくなるのではないかと不安になるかたもいます。しかし、99万円以下に限った金銭や価値が20万円までの日用品などの少額財産といった、最低限生活をしていくために必要なものを手元に残すことが可能です。

また、年金や生活保護などの差し押さえも禁じられているため、家や車などの大きな財産はほとんど失ってしまうとはいえ、再スタートするために充分な環境を維持できます。何をどれくらい残せるのか、事前に弁護士に相談をして確認をしておくと安心です。

自己破産を申し立てる際に気をつけておきたいこと

免責されないケースもある

自己破産を申し立てすれば必ず免責を許可されて借金がなくなるということにはなりません。たとえば債務者の個人的な浪費やギャンブルで作った大きな借金などに関しては、破産法において免責不許可事由であるとされています。

また、自己破産はあくまでも返済能力がない人のための制度です。財産を隠していたり、安定した収入を得ているのに申し立てを行った際にもやはり自己破産が認められることはありません。

まず、裁判所に申し立てを行う前に、弁護士に相談を行った段階で自己破産が可能かどうか判断されることになります。あくまでも自己破産は債務整理の最終手段ですから、他の方法で対応できるのであればそちらで債務整理を進めていくことになります。

家族に発覚しやすい

自己破産に関する書類や通知は本人宛に届きます。また、裁判所への出頭も必要になりますし、財産や収入に関するものに影響が及ぶことから、同居している家族などの身近な人には自己破産したことを隠し通すのが難しいのを心に留めておいてください。

信用機関の情報に記録が残る

ブラックリストと呼ばれる信用機関の情報に一定期間自己破産をした記録が残ることになります。それにより新規にクレジットカードを作りにくくなったり、ローンの申し込みをしづらくなるなど不利になることが多くなります。

法的な制限を受けるわけではありませんが、貸したお金を返してもらえない人物であると見なされますので、貸し出す側が審査を通しにくくなるのです。

相手先の債権者を選んで整理できない

自己破産は全ての債務について整理するものです。そのため、連帯保証人のいる借金だけを残して債務整理したい、という方法を取ることができません。債務先のいずれかに連帯保証人がいる場合などは、自己破産によって債務者自身の借金が0になったとしても、免責されない連帯保証人のほうに返済義務が生じてしまうことになります。そのことをきちんと理解した上で申し立てを行う必要があります。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧