自己破産後に住宅ローンは組める?何年待つのか解説!

MENU

CLOSE

自己破産後に住宅ローンは組める?何年待つのか解説!

自己破産と言う債務整理の手続き

多額な借金を背負ってしまい、悩みを抱えている方でも自己破産と言う債務整理の手続きを行うと借金ゼロになります。自己破産は裁判所を通す債務整理の手続きのため、裁判所を通さない任意整理より難しいです。

そのため弁護士に借金相談してから依頼することが多くなっています。自己破産は借金の返済に悩まされずに済む代わりに、いろいろなデメリットがあります。安易に選ばず、弁護士に悩み相談し十分検討してから自己破産することが必要です

自己破産後はブラックリストに掲載

自己破産後すぐに住宅ローンを組むことは出来ません。それはブラックリストに掲載されるからです。住宅ローンに申し込みすると審査が実施されます。申込者がブラックリストに掲載されていた場合、審査不合格になる可能性大です。必ず審査不合格になると言うわけではありません。しかし多くのケースで不合格となってしまいます。

信用情報機関は3つ

ブラックリストは信用情報に記載されています。ブラックリストと言う言葉が正式にあるのではなく、事故情報と呼んでいます。信用情報を収集しているのが信用情報機関で国内にはCIC、JICC、全国銀行協会と主に3つあります。

登録期間は?

自己破産後、登録期間が過ぎればブラックリストから削除して貰えます。この登録期間は信用情報機関によって異なります。CIC、JICCでは約5年、全国銀行協会では約10年です。つまり5年から10年はブラックリストから削除されないと言うことになります。

住宅ローンを提供している銀行が加盟しているのが全国銀行協会です。5年経ったからと言って銀行の住宅ローンに申し込みしても審査不合格となる可能性があります。銀行の住宅ローンの場合、10年経って完全にきれいになってから申し込みしたほうが良いです。

ノンバンク系の住宅ローンなら10年待たずに済む?

しかし10年と言うのは長い月日です。そんなに待てないと言う方はノンバンク系の住宅ローンに申し込みすると言う方法があります。申込者の審査を行う際、CICやJICCの信用情報しか照会をかけていないノンバンク系の会社なら5年待つだけで済む可能性があります。ノンバンク系でも全国銀行協会に加盟している会社があります。

この場合は全国銀行協会の信用情報にも照会をかけるため、10年待つ必要があります。ただしノンバンク系の場合、銀行よりも金利が高いと言うデメリットがあります。住宅ローンでは大きな金額を借りるため、少しの金利差が大きな利息分の差になります。今の収入で無理なく返済出来るのかきちんと返済シミュレーションして下さい。

固定金利のフラット35

フラット35は最長35年の固定金利で借りられる住宅ローンです。金利が変わらないために安心感があります。このフラット35にもノンバンク系があり、10年待たなくても申込出来ることがあります。ただしノンバンク系のフラット35でも5年は待つことが必要です。さらに属性の低い方は審査不合格になりやすいために注意が必要です。

5年過ぎたらクレジットカードを作成する

クレジットカードに申し込みしたときにも審査が実施されます。このとき、CICやJICCの信用情報に照会をかけており、全国銀行協会の信用情報には照会をかけていないことが多いです。

そのため5年待てばクレジットカード作成出来るようになります。信用情報に何も記録が無いより、記録があったほうが審査に好影響があると言われています。そこで自己破産後、5年過ぎたらクレジットカードを作成しておきます。半年から1年ほど利用実績を積み重ねてから住宅ローンに申し込みするのです。

開示請求が出来る

信用情報に何が記録されているのか知りたいと言うときは信用情報機関に開示請求することが可能です。全国銀行協会の場合は登録情報開示申込書の必要事項に記入し送付します。全国銀行協会のホームページで登録情報開示申込書のダウンロードが出来ます。開示請求には1000円の手数料、運転免許証やパスポートなど本人確認書類が必要です。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧