女性だって見栄を張る?意外と多いぞ、人間関係の借金

MENU

CLOSE

女性だって見栄を張る?意外と多いぞ、人間関係の借金

女性の借金も「見栄」なのか?

借金には男性も女性もありませんが、性別である程度の傾向があるようです。男性の場合は見栄を張ることやギャンブル、夜遊びなどに使うことが多い一方、女性は買い物やエステ、そして男性と同じように見栄を張るために使ってしまうのだそうです。しかし、女性が見栄を張る理由と男性が見栄を張る理由には違いがあるようです。

女性の借金は人付き合いからも起きる

女性の借金と言えば買い物やエステなどの原因が知られていますが、その他に人間関係を理由にした借金もメジャーです。例えば友達と一緒に旅行に行くときに自分だけお金がなかったという時や、ママ友の集まりの際に高いランチに行きづらいという時、借金を必要としてしまいます。

誰かが憧れのバッグやアクセサリを持っている時も同じようなものを持とうとします。そうして、普通に人付き合いをしているはずなのにどんどん借金がかさんでしまいますが、自分だけが貧乏なのではありません。実は多くの女性たちがお金の余裕がないのに見栄を張っているのです。

女性の場合は男性の見栄とは違い「関係性の維持」を大切にする

見栄を張ることによる借金と言えば男性がよくしてしまいますが、女性の場合も他人に見栄を張るために借金をするという悩みがあります。ただし、女性の見栄の張り方は男性とは少し違います。

男性の場合は、いかに相手より優れているかを示すために見栄を張ろうとします。その結果として相手よりも良いものを買ったり、飲み代をおごってあげたりと羽振りが良くなります。

一方、女性の場合は相手と同じ場を共有したり同じ行事に参加することで見栄を張ろうとします。つまり相手と自分が同じ輪の中にいることを示すためにお金を使うようです。これは、女性の本能が深くかかわっています。女性は男性と違い人と戦うよりも共同体を維持することが仕事の中心でした。

そのため、男性が相手を倒すために頑張る一方で女性は相手とつながることに全力を尽くしてきました。そのため、女性が恐れるのは疎外です。逆に仲間とのつながりが強ければ多少の摩擦には平気で耐えてしまいます。実は男性より女性の方が打たれ強い性質を持っています。

債務整理ってなんか怖いけど大丈夫?

借金は最初の内なら預金が増えたような感覚になります。しかし、借金が限度額に達すると返済額の重さに気づきます。もし、借金の滞納が続きその悩みをだれにも相談できないのなら弁護士に相談します。

債務整理は恐ろしい制度ではない

借金で弁護士に相談するのは正しいことと分かっていても抵抗感があります。それは法的な手続きになれていないことや債務整理に対する先入観があるからでしょう。債務整理と聞くと借金を返せなかっただらしのない人がするものという印象があり、社会的に差別されるのではないかと思う人さえいます。

しかし、どんなにまじめな人でも借金を管理しきることは難しく、ちょっとの出来事で借金がかさむという例もよくあります。事実、債務整理をする人は自己破産だけでも年間9万人以上に及びます。債務整理は法的に認められた権利なのでためらうことはありません。むしろ、ためらわずに弁護士に相談してほしいくらいです。

できれば任意整理が可能な段階で弁護士に相談したい

早めの相談は、債務整理の幅を広げます。債務整理には任意整理、個人再生、自己破産などの種類がありますがそれぞれ効力に相応するデメリットがあります。

もし、債務があまりに大きくなるともっとペナルティの重い自己破産しか選択肢がなくなるので、最もペナルティの軽い任意整理で解決できるうちに相談したいものです。任意整理は利息のカットしかできませんが、弁護士費用は他の手続きの10分の1ほどに抑えられます。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧