隠れ借金、見逃していませんか?共働きでも家計は作りたい理由

MENU

CLOSE

隠れ借金、見逃していませんか?共働きでも家計は作りたい理由

共働きで一番気を付けたい「隠れ借金」

共働きは家計を持たないことも多い

借金に関わる悩みで多いのが返せるお金がないことです。もともと収入が低くて借金に頼ったら泥沼にはまってしまうという話は身近でもよくありますね。結婚している場合でも家計がうまくいかずに借金に頼ってしまうことがあると思います。もし、家計から勝手に借金をしていたとすれば配偶者として許せないでしょう。

しかし、ある程度収入に余裕を持ちやすい共働きの場合なら借金はできないだろうと気が緩みがちです。パートナーが専業主婦や主夫であれば稼ぎは一人分ですが、両方とも正社員であれば一人で生活していた時よりもかえって出費が少なくなる場面が増えます。また、お互いが経済的に自立していることで、「家計」という概念を持たずに二人に必要なお金だけ折半するということもよくあります。

だからこそ借金を隠すことができる

しかし、両方稼いでいるという安心感が経済状況を悪くしてしまうこともあるのです。夫婦がお互いに十分な収入を得ている場合にはこれでお金の問題はないという反面、「相手が貯金しているだろう」という期待も出てきてしまいます。その結果財布のひもが緩くなりやすいのです。

そして、いざという時に貯金の額が明らかになったら思ったより少なくて驚くことや子育ての段階になってお金の余裕がなくなることもあります。最悪の場合は両方とも十分な貯金を持っていないことやそれどころか借金を隠していることすら考えられます。

借金がばれる理由として大きいのが貯金通帳の記録で、不穏な入出金がある場合にはこれが借金によるものではないかと疑われてしまいます。ところが、お互いの財産状況に干渉しない場合は借金をしていてもまずばれません。郵便物だってしっかり払っていれば来ることは無いのです。だからこそ、借金が膨らむまで配偶者の状況に気づけないのです。

債務整理にはならなくても早いうちに相談した方が良い

債務整理のラインってどのくらい?

借金が悩みとなるレベルでなければさっさと返せばOKです。しかし、借金を返すので精いっぱい、あるいは配偶者に借金の気配がみられる場合は借金を一緒に返すだけでなく債務整理の可能性についても考える必要があります。男性の場合は夜遊び、女性の場合は浪費による借金を疑いたいところです。

債務整理をすべきラインは3年以内での返済が不可能であること、返済額が手取りの20%以上であることです。このラインを超えてくると借金によって家計が圧迫されてきますし、お金を返せないからと他社からの借り入れをする羽目にもなってしまいます。また、自己破産を余儀なくされるラインは5年かけてもお金が返せず、かつ返済額が手取りの30%以上あることです。

債務整理は弁護士にお願いできる

債務整理の詳しいことは弁護士に相談します。弁護士に今の状況や希望を話しながら今後の債務整理について決めます。債務整理には任意整理、個人再生、自己破産などがありますが軽度の場合裁判所を通さない手続きである任意整理で済ませることが可能ですし、もうどうやっても支払いが不能であると判断されたら自己破産をします。

個人再生や自己破産は財産の差し押さえも考えられるため、できれば任意整理で済ませることが望ましいです。任意整理の場合は個別の債権者と交渉できるため「借金だけ任意整理して住宅ローンは今まで通り払い続ける」ということも可能です。

債務整理は家族にばれない

また、隠れ借金がばれたくないという人はとにかく早めに債務整理することが望ましいです。任意整理の段階なら書類の郵送先を弁護士事務所に設定できますし、配偶者に関わる書類も一切必要ないからです。もちろん、同居していない家族にはどの債務整理でもばれません。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧