自己破産したら携帯電話は解約される?新規契約は?

MENU

CLOSE

自己破産したら携帯電話は解約される?新規契約は?

自己破産と携帯電話

8d2e7f51155fb45a7ad8535e8d626f94_s

携帯電話は差押対象ではない

債務整理の方法の一つ自己破産手続きではもし申立者に財産がある場合は破産管財人によって処分の対象となります。それは動産、不動産関係なく対象となる可能性があるのですが、最近の携帯電話はその本体価格の高騰により10万円もする場合があります。

そのため、差し押さえの対象となるのではないかと不安に感じる方もいるでしょう。しかし、自己破産における差し押さえの対象にはいわゆる20万円の基準があります。これはどういうことかと言いますとその財産が20万円を超えていない場合は差し押さえの対象とならないといったもので、各財産それぞれに適用されます。

ですので例えば高価とされる自動車やバイクなども20万円以下であれば差し押さえの対象とはなりません。そして携帯電話ですが購入価格で20万円を超えるものはまずないでしょうし、もし何かでプレミアが付いたとしてもその価値については一般市場における価値で判断されます。ただ、処分される財産の価値については弁護士に相談する方が安心でしょう。

未払いがある場合

自己破産をしたら携帯電話が強制的に解約になるのではないかといった点についてですが、基本的に月々の支払いがきちんとされていれば特に変わらず使い続けることが可能です。債務整理により破産者であるという情報が伝わるのは基本的に債権者ですのでまず携帯会社には伝わりません。

しかし、もし未払い料金がある場合はこの料金については破産債権として申告する必要があります。そして破産債権として申告する以上、個別の債権に対して優先して支払いをすることは裁判において不利となり免責を受けられない可能性があります。そのため、過去に未払いがある場合は結果的に破産手続き中にも支払いができず携帯会社から利用を停止される可能性が高いです。

こういうときはどうなるの?

3d60f4302a5107661cce7dd13c894eb7_s

未払い料金を払うのはだめなのか

過去に携帯電話の料金を滞納して未払い分がある場合、前述の通り個々の債権に対して優先的に支払うことができなくなります。しかしこれもケースバイケースで金額によるところがあります。例えば消費者金融などへの借金の返済は月々数万円単位になりますが携帯電話の料金の場合数千円です。

そのため、例えば先月分6000円を支払うことだけでは優先的な支払いとはならないケースもあります。基準としては金額の大小ですが、携帯電話は今や人としての生活必需品として認知されています。ですので生活のために必要に応じて支払ったとみなされれば問題ありません。ただしこういった判断はグレーな部分がありますので弁護士や裁判所に相談するといいでしょう。

破産後の新規契約はどうなるの?

破産後の新規契約については主に未払いが過去にあったかどうかが問題になります。利用者の支払い情報については各キャリア間で共有がなされていますので新規契約時にはこういった点を審査される可能性があります。この基準については勿論未払い期間の長さなどになりますが、実はこの情報には登録期間に5年間という期限があります。

ですので未払いのある月から5年後には各キャリアで共有している未払い情報は削除されます。また、クレジットカードやローンと同じく信用情報を審査する可能性があり、自己破産を行うとこの信用情報に破産者である情報が記載されますのでこの点も判断基準となるようです。

債務整理には他にも払いすぎた金利の過払い金請求がありますが、この方法では登録されることはなく、あくまで自己破産によるものです。ここでの登録期間についても期限があり5年となっています。では5年たてば新規で気兼ねなく契約できるのかといえばそうでもなく、未払いを受けた会社によっては共有を行わず自社でのみ管理している支払い情報もあります。

これには登録期限もありませんのでその後の契約は難しくなる可能性があります。もし自己破産後に審査を気にせず携帯を使いたいのであればプリペイド携帯での契約という方法もあり、こちらはそもそも前払いですので審査も厳しくありません。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧