債務整理をして心が軽くなった

MENU

CLOSE

債務整理をして心が軽くなった

当時付き合っていた人が借金をしていました。お互い働いていたので、主に週末、相手の家より私の家にいるほうが多かったので、借金を抱えていることに全く気が付きませんでした。ところが、とても明るい性格だったのに落ち込む様子をみせることが多くなり、仕事で悩み事でもあって鬱になっているのではと心配になり、電話で問いただしてみたところ、カードを中心に借金が200万円程あることがわかりました。

とりあえず相手の家に行ってみたところ、カード明細通知などの借入先からの通知を開封もせずにいるような始末で、正直かなり引いてしまいましたが、放っておくわけにもいかず、いろいろ話し合いをしました。内容を確認したところ、毎月の支払額がかなりの金額となっていて、返済をすれば借入をしないと生活費が足りないような状態になっていました。

ところが、本人は既に精神的にかなり参ってしまっているようで、積極的に何とかしようという気持ちがみられず、もう死にたいとか言う始末。ここで解決しようという意気込みを見せてくれたらお金を貸してもいいという気分になったと思うのですが、私もうんざりしてしまいました。そこで、たまたま法律事務所で事務の仕事をしている友人がいたので相談をしたところ、一度弁護士に債務整理の相談をすることをアドバイスされ、現実逃避中の本人をつれて法律事務所に相談に行きました。借金を抱えた彼氏をつれて相談に行くなんて本当に恥ずかしいと思ったのですが、実際に相談をしてみるととても具体的に適格に今後の目処をつけてくれ、その場で債務整理を依頼しました。

具体的には、現状の返済内容で借金を完済させることはできないので、収支に合わせた返済月額に減額をして返済をしていくように各社と和解をすること、本人は和解をした金額を毎月返済すること、和解内容を履行しないと残金一括で請求される可能性もあるので毎月の返済額を確保できるよう蓄えを作ることなどを指示されました。依頼をした後は、私は第三者になるので具体的に弁護士とやり取りをしたわけではありませんが、本人に随時確認をしたところ、ほとんどの処理を法律事務所側でやってくれるので負担はほとんどないようでした。

そして何より、債務整理を依頼すると借入先からの通知や連絡が本人には一切届かなくなるので、精神的に非常に楽になったようでした。日に日に鬱状態から回復していくことが分かりましたし、本人も毎日いつでも借金のことを考えていたことから解放されて本当に助かったと言っていました。また、返済が開始するまでに2ヶ月程時間がかかったために、その間に生活を立て直すこともできました。実際のところ、借金の内容はカード利用が主だったので、債務整理を依頼しても借金総額はあまり減額にはなりませんでした。

弁護士に支払う費用も必要になるので、金銭的に得をしたということはなかったと思います。しかしながら、債務整理を依頼することによって得た精神的な安定は何にも代えがたいと実感しました。借金問題を抱えている人の多くが、精神的にかなり追い詰められてしまっていると思います。そんな方を金銭的にだけではなく精神的にも助けてくれる手続だと思います。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧