借金トラブルは怖くない!弁護士と債務整理の重要性を理解しよう

MENU

CLOSE

借金トラブルは怖くない!弁護士と債務整理の重要性を理解しよう

借金相談のメリットと解決できる根拠は何?

d4eb3c7f5ff0a6d1db2486e253d6fabe_s

弁護士への借金相談のメリットを知る前に、まず借金やそれに伴う生活に関するごく基本的な法律的な知識を知っておく必要があります。日本国内で暮らしている日本人には、日本や日本人に関するごく基本的な権利に関する規定を設けた憲法という最重要の規範が適用されます。

憲法は、日本国民が最低限の生活を送ることができるということ認めていますので、何らかの原因によって最低限の生活すら送ることができなくなってしまったときには、それを救済するための法律が適用できます。そのための救済手段が債務整理という法律的な手続きで、これは弁護士に相談をすることで手続きができるようになります。

債務整理は、債務という借金を抱えている人を通常の日常生活の水準にまで引き戻すことができる憲法で認められたかなり強力な手続きです。普通は、金融機関からお金を借りると契約を締結することになりますので、お金を借りた人は債務者、お金を貸した人を債権者として債権と債務の関係が成立します。

債務者は、契約に基づいて借りたお金を返済しなくてはならない履行義務というもの背負うことになるのですが、全ての債務者が同じように借金を返済できるわけではありません。不慮の事故や予測できない会社の倒産などによって借金をどうしても返済できなくなってしまう事態も考えられます。そうしたときに、債務者の借金を返済するという義務を免除することによって、債務者の負担を取り除いてあげるのが債務整理という手続きの考え方なのです。

通常の感覚では、お金を借りたのならばきちんと返済しなくてはいけないということはわかりますし、お金を貸した債権者が取り立てをする言い分も理解できますよね。しかし、こうした債権者の権利を強制的に排除してでも、普通の生活を送らせることが大切である、というのが憲法の理念であって債務整理の手続きの意味になっています。

ですから、債務整理は債務者にとって有利な手続きで、反対に権利を奪われてしまう債権者にとっては非常に不利な手続きであるとも言われているわけです。弁護士への借金相談で、債務者の借金の負担をできる限り軽減させることが可能なのは間違いありません。

借金に関するトラブルなら何でも大丈夫

ccac6fdf006dc3c172d393304425530a_s

弁護士が利用できる債務整理の素晴らしいところは、借金に関するトラブルならば何でも相談して大丈夫なことです。例えば、借金のトラブルには過払い金という利息や金利に伴うトラブルも含まれています。こうした債務者の方から返済しすぎてしまったお金に関しては、債務整理の中でも借金の当事者の話し合いで問題を解決する任意整理という手続きを利用しますので、債務者本人が話し合いに参加しなくてはいけません。

しかし、債権者と債務者同士の話し合いで問題を解決するとは言っても契約上は債務者の立場が弱いのは事実なので債務者の意見が通らないことがほとんどなのです。こうしたときに弁護士に相談をしていると、任意整理を利用したとしても債務者本人ではなく弁護士を通した安全な話し合いを進めていくことができます。

過払い金などのように一社ごとに問題を解決しなくてはならないケースであっても、弁護士に相談をしておけば何の不安もなくスムースに話し合いが進みます。もちろん、任意整理だけではなく自己破産や民事再生などと言った強力な手続きも弁護士に相談をしておけば、裁判所に対する申請も全て代行で行ってくれます。

借金のトラブルは、一人の問題ではなく債権者やそれに伴う担保や保証人なども関連していますので時間が経つほど面倒事が多くなっていきます。例えば、返済期日に返済できなくて滞納をすればそれだけ損害金も大きくなっていきますし、それに伴う計算も複雑になっていきます。

弁護士は、履歴などを調べてこうした問題点の解決や借金の正しい計算を行って一から確認してくれます。債務整理の依頼だけではなく借金相談をするだけでも状況を把握することができますし、どうすれば問題を解決できるのかもすぐにわかるので借金のトラブルは弁護士に相談したほうが解決しやすいのです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧