自己破産ができない免責不許可事由とは

MENU

CLOSE

自己破産ができない免責不許可事由とは

自己破産したくても免責が認められない免責不許可事由というものがあります。

破産法の第252条に浪費や賭博、あるいは、株取引・先物取引・FX取引になどによる射幸行為による債務がそれにあたります。実は、私の場合の債務は、まさにこれらの免責不許可事由にあたる債務であったために、自己破産は私の場合にはできないものだと信じ込んでいました。

保険会社に長らく勤務していましたが、営業という職種上、当たり前のように借金してでもノルマを達成するという状態がまかり通っていました。こんな状態になると、お酒を飲まずにはやってられないという状況にもなりますし、何とか借金を返済しようとして、さらに借金をしてFX取引を行なっては損失を出していました。

まさに、悪循環という感じで、借金は雪だるま方式で増えていき、遂には返済できないような事態となりました。ところが、私の場合には、免責不許可事由となるから自己破産は認められないと考えていたため、非常に苦しむこととなりました。しかし、遂には生活もできないような状況となったため、意を決して弁護士事務所に相談に行くことにしました。

ここで弁護士さんからいろいろと教えてもらった内容に、自分の知識不足を悔やむこととなりました。まず、私の場合のFX取引は借金を返済しようとして取引しているので、遊興として行っているわけではないということで、免責が認められる可能性が高いということでした。

また、そもそも初めての自己破産の場合には、余程のことがない限りは免責は降りるということも合わせて教えてもらいました。つまり、自己破産という制度が、あまりにも債務者にとって都合の良い制度であるために、2度、3度と繰り返す人が多いという理由で厳しい条件が付けられているということでした。このことを知っていれば、恐らくは数年早く債務整理の決断ができていたと思いますが後の祭りです。生半可な知識で決めつけてしまうのではなく、専門家によるしっかりとしたアドバイスを受けるということがいかに重要であるかということを思い知らされたというところです。

また、心配していた弁護士費用についても、自分では時効だと思っていた過払い金が若干ですが返還されることとなり、それで賄うことができました。さらに、弁護士事務所に依頼して、債権者である金融機関に受任通知が送られた段階で支払いもストップしましたので、それ以降は生活にも余裕が出るようになりました。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧