教えちゃいます!任意整理の中身とやり方について

MENU

CLOSE

教えちゃいます!任意整理の中身とやり方について

300万人以上が借金していると言われている現場

「300万人」という数字を聞いて、今この記事を読んでいる人達は何を思い浮かべるでしょうか?実はこの数字、日本国内で借金をしている人の数字だと言われているのです。想像以上に借金している人が多いことに気づかされますよね。

この中には、上手に借金と向き合っている人もちろんいるのですが、借金の返済に悩んでいる人もたくさんいるのです。そのような人たちは、債務整理を是非考えてみてください。借金は放置しておいても絶対に減ることはありません。ところが、債務整理するとびっくりするくらい借金を減らせる可能性があるのです。

債務整理を始めて行う人は、任意整理がおすすめです

任意整理に初めてチャレンジする場合には、どんな債務整理を行うべきか、お悩みの人もいるでしょう。そんな人は、任意整理から始めて見るのがいいと思います。任意整理は、弁護士の協力は必要とするものの、裁判を起こす必要がないので、比較的簡単に行えるのです。数ある債務整理の中でも、一番多く実施されているのが任意整理なんですよ。ここでは、任意整理の概要に関して説明してみたいと思います。

任意整理で借金を減らす方法とは?

任意整理はどのようにして借金を減らすのかと言うと「将来利息をカットする」 やり方がスタンダードです。将来利息というのは、これから先に発生する予定の利息の事をいいます。従って、今まで支払ってきた利息は返ってくることはないので理解しておいてください。

利息が免除されるということは、支払っていく借金は元金だけでいいということです。利息が借金返済の悩みという人も多いので、任意整理だけでも、十分に借金返済のゴールは見えてくるでしょう。

「家族に債務整理したことを知られたくない」という人でも任意整理なら大丈夫です

家族に内緒で借金している人って結構いますよね。そんな人が債務整理する時には「家族には絶対にばれたくない!」と思うはずです。そんな人たちもご安心ください!任意整理は、家族に知られることなくこっそりと実施できるのがすごいところなんです。

  • 大げさな借金整理にならないからバレない

どうして、任意整理は家族に知られないのかと言うと、「大げさな借金整理にならない」からです。一体どうしてかというと、裁判を起こさない債務整理なので、自宅に、任意整理に関する書類が届いたり、電話連絡が来ることがないからです。

  • 「身内にばれないように」という相談には、弁護士も協力的 

「身内にばれないように」という所に念を押したい場合は、弁護士にその旨を事前に伝えておいてください。そうすれば、弁護士も協力的になってくれます。弁護士から債務者に、電話連絡やメール連絡をしなければいけない時にも、身内にばれないような配慮を行ってくれます。

返済期間が決められています。それは3年間!

任意整理した後は、ゆっくりと借金を返していけばいいというわけではありません。「残った借金は、原則3年間で返済する」というルールが決められているのです。どうしても3年間での返済が難しい場合には、5年間まで引き伸ばしてもらえるケースもあります。しかし、できることなら3年以内に返済した方がいいでしょう。それが、債務者なりの誠意の見せ方というものですからね。

任意整理はこんな感じで進めます

任意整理の概要に少し触れてみたところで、今度は任意整理の進め方に触れてみましょう。任意整理は、弁護士に任せてしまえばすべての作業を受け持ってくれるのですが、債務者も一応内容は知っておいたほうがいいと思います。

進め方その1 弁護士探し&相談

まずは、弁護士探しから始めます。この時には、債務整理の相談も一緒に行いましょう。弁護士を探すのは、インターネットが定番化しています。

  • 債務整理の実績
  • 口コミの良し悪し
  • 債務整理にかかる費用
  • どのくらい期間がかかるのか

などを確認してから、相談日の予約を取るようにしてください。相談を行う日には、借金の状況がわかる明細書などを持参するようにしましょう。全ての取引履歴を用意する必要はないので、手元にある分だけで大丈夫です(もちろん全てあるに越したことはありません)。相談料は、大抵の場合は無料になっていますが、相談料がかかる場合もあるので、その辺りもインターネットで調べておきましょう。

進め方その2 契約を結ぶ

信頼できそうな弁護士が見つかったら、正式に契約を結びます。正式に契約を結ぶと、この先の手続きはすべて弁護士が行ってくれるので、債務者がやらなければいけないことは特にありません。弁護士と顔を合わせるのは、この段階だけで終了という場合も珍しくないのです。

 進め方その3 金融業者に受任通知を送る

受任通知は、金融業者に対して、任意整理の開始を伝えるためのものです。これを行うと、金融業者から債務者に対して連絡を取ることが一切禁じられます。つまり、借金を滞納して、取り立てにあっていた場合も、取り立てがなくなるということです。

進め方その4 引き直し計算を行う

引き直し計算とは、借金の総額や返済額、利息の計算などをやり直すことです。これをすることで、「違法な貸付なのか、そうではないのか」を確認することができます。これはとても大切なことで、これをやらないと、過払い金が発生している場合があるのです。

過払い金が発生している場合は、もちろん返還を求めることができます。しかも、その時に戻ってきた過払い金は、借金の返済に使うことが出来るのです。過払い金は100万円を超えることもあり、この過払い金を借金の返済にまわしたら、返済が一気に終わってしまったということもあるのです。

進め方その5 示談交渉

ここが任意整理のポイントとなる部分です。任意整理は、弁護士と金融業者が示談交渉を行って、任意整理に応じてもらうシステムになっています。つまり、強制力があるわけではないため、金融業者から断られてしまうケースもあるということを覚えておきましょう。ここでどうしても応じてもらえない場合には、裁判起こすケースもあります。しかし、実際は断られることは少ないので、そこまで心配する必要はないでしょう。

進め方その6 和解成立

示談交渉に応じてもらうか、裁判を起こした結果、和解が成立すれば、任意整理はいよいよ終了です。ほどなくして、弁護士から債務者の方に和解成立の連絡が入るでしょう。

進め方その7 返済をしていく

任意整理が終了して約2週間ぐらいの期間をあけて、元金のみの返済を開始します。

任意整理なら司法書士への依頼でも大丈夫です

ここまでの説明では、任意整理には弁護士の協力が必要という説明をしてきましたが、実は、司法書士に依頼しても行うことが可能です。しかし、ここで気を付けておいてもらいたいのは、司法書士の場合には債務整理で扱える金額に限度があるということです。その金額は、140万円までとなっています。この金額を考慮すると、個人再生や自己破産は司法書士では難しいということです。

裁判に発展することを考えると、最初から弁護士の方がいいかもしれません

司法書士であっても任意整理を行うことは出来るのですが、心配なのは、裁判までもつれ込んだ時です。裁判ともなると、さすがに司法書士ができることは限られてきます。そうすると、結局のところ弁護士に依頼しなくちゃいけないので、費用が二重にかかることになってしまうので注意しておきましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧