債務整理の中でも最もよく利用されている任意整理って何?

MENU

CLOSE

債務整理の中でも最もよく利用されている任意整理って何?

債務整理にはさまざまな種類がある!

債務整理には、任意整理や民事再生、自己破産などいくつかの種類があります。借金で悩んでいる人の中には、すべての借金をなくしたいという人から、借金の額や金利を減らして欲しい人、返済期間を延ばしてほしい人、借金は減らしたいけれど、マイホームは手放したくない人など、さまざまな事情を持ついろいろな考え方の人がいます。

債務整理にはその人の置かれている状況や借金の額、考え方などを踏まえ、最も適した方法というものがあります。まずは、さまざまな債務整理の方法を理解し、どの債務整理の方法が自分にとってベストな解決方法なのかを検討する必要があります。

任意整理による借金問題を解決する方法!

債務整理にはいろいろな方法がありますが、すべての債務整理の手続きの中で最もよく利用されているのが、この任意整理です。任意整理は、債務者が弁護士に依頼した場合、弁護士が代理人となって債権者と借金の返済の方法や返済額について交渉していくことになります。債務者が滞りなく借金の支払いができるように、今よりも良い条件での合意を成立させるのです。

また、任意整理を行う場合は、裁判所は関与せずに手続きを進めることができるため、裁判所での手続きが必要な自己破産や個人再生と比べると簡単に行うことができるのです。

任意整理では、まず、弁護士が利息制限法の引き直し計算を行います。そして、引き直し計算による減額後の借金について、将来利息をカットしてもらい、現在よりも低い金額で借金を支払えるように交渉したり、減額後の借金を3〜5年程度の分割返済ができるように交渉を進めていくのです。

また、任意整理はあくまでも借金総額を減らすことが目的であるため、利息制限法に基づいた引き直し計算後に残った元金については必ず返済する義務があります。そのため、どうしても借金をすべてなくしたいと考えている人には向いていません。

過払い金が発生している場合について!

過去に利息制限法の上限金利を超える高金利で、金融業者から借金していた場合には、利息制限法による引き直し計算を行い、過去に払い過ぎている利息があれば元本に充当することができます。そして、将来利息がカットになったり、分割払いになったり、借金が減額できる場合があります。この利息制限法による引き直し計算で借金が減額できる場合、将来利息のカットについては、ほとんどのケースで可能となります。

また、多額の過払い金が発生している場合には、借金がゼロになる可能性もあります。さらに、借金がゼロになるばかりか、中には百万円単位のお金が返還される場合などもあります。このような場合には、過払い金返還請求を行うことになります。過払い金返還請求を行う場合にも裁判所は関与しないため、自己破産の場合のように裁判所に提出する書類を債務者が用意する必要はありません。

任意整理のメリットとデメリットについて

任意整理のメリット!

任意整理のメリットについては、任意整理をした場合、原則的に手続き完了後の将来利息が免除されるため、借金を早く完済することができます。また、利息制限法の計算により借金の総額が減少します。そして、多額の借金をしていて、取引期間が長期に渡っていれば、過払い金が発生している可能性が考えられます。基本的に任意整理は、他の債務整理よりも自由度が高い手続きであるため、一部の債権者についてのみ債務整理をすることも可能です。

任意整理のデメリット!

任意整理のデメリットについては、任意整理すると今後5〜7年間程クレジットカードを含む借り入れができなくなることです。これが、いわゆる信用情報機関のブラックリストに載るといわれるものです。また、最近では、任意整理手続きに応じない金融業者も増えています。

任意整理をする際の弁護士の選び方と手続きについて!

債務整理専門の弁護士を選んだ方がいい理由!

借金問題の悩みがあり、任意整理による解決をしたいと考えている場合は、まずは、弁護士に相談することをおすすめします。しかし、弁護士であればどのような弁護士でもいいと言うわけではなく、今後の債務整理をスムーズに進めていくためには、債務整理を専門に行っている弁護士を選ぶことが重要です。

債務整理を専門に行っている弁護士であれば、手強い金融業者との交渉にも慣れており、交渉力にも優れているため、そうでない弁護士に依頼した場合に比べると結果的に減らすことのできる借金の額などがかなり違ってくることが考えられるからです。そのため任意整理の際には、債務整理に特化した弁護士に相談することから始めましょう。

任意整理の一連の手続きについて!

まず、弁護士に借金額や現在の借金問題についての悩み、置かれている状況などを相談してみましょう。そして、これを受けて弁護士側から任意整理についてのメリットやデメリット、手続きの費用、今後のスケジュールなどについて説明を受けます。きちんと説明を受けた後、任意整理を行うことが決定すると、弁護士が債務者の代理人となり金融業者に対して受任通知を発送します。

これにより、金融業者からの取立てがすべてストップすることになります。そのため、金融業者からの毎日の厳しい取り立ての悩みや不安などが解消するでしょう。その後、弁護士が金融業者から開示された取引の明細に基づいて、利息制限法の上限金利により再計算し、借金の減額や将来利息カットをした上で分割払いするなどの和解交渉を始めます。

弁護士は債務者の希望にできるだけ応えられるように、粘り強く交渉してくれます。そして、金融業者側との和解契約が締結すると、手続きは完了となります。債務者は和解契約書を受け取り、これをもって和解書に記載されている支払い開始日より借金の返済をしていくことになります。

任意整理は司法書士に依頼してもいいの?

司法書士の代理権の範囲について!

任意整理の手続きを行う場合に、弁護士ではなく司法書士に依頼しようとする場合には、代理権の範囲が問題となることがあります。司法書士が代理人となることができるのは、訴訟などの金額が140万円以内のものに限られるためです。

従来、司法書士会連合会は司法書士法の記載を元に、債務者の受ける経済的な利益が140万円以内であれば、司法書士は任意整理手続きについて代理できると主張していました。しかし、近年、司法書士の代理権について争われた裁判では、任意整理手続きについて司法書士が代理できるのは、債権者の主張する金額が140万円以内である場合に限られると判断されたのです。

そのため、債務者の受ける経済的な利益が140万円以内であっても、債権者の主張する債権額が140万円を超えるような場合には、司法書士は代理人になることができなくなったのです。また、前出の裁判において、債務の総額か、あるいは個々の債権額を基準とするのかについても判断された結果、個別の債権額を基準とすると判断されたのです。

これらのことから、債務の総額とは無関係に、債権額が140万円以内のものについて、司法書士が代理人になることができるようになりました。例えば、100万円の借り入れが3つある場合、合計借入額が300万円になるため司法書士の代理権の範囲を超えるということにはならず、3つともすべて司法書士が代理人になることができるのです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧