高い利息や返済額を減らしたい!任意整理ってどんなもの?

MENU

CLOSE

高い利息や返済額を減らしたい!任意整理ってどんなもの?

滞りなく返済を行うためにまずは専門家に相談

借金の完済を目的とした任意整理

任意整理の目的は、クレジットカードの支払いやサラ金からの借金などで返済額がかさんでしまい、首が回らなくなってしまったといった悩みを抱えているかたのために、月々の返済額を生活していく上で無理のない額に減らして借金の完済を目指すというものです。

借金を返せなくなってしまったら自己破産するしかないと考えるかたが少なくありませんが、そうではありません。任意整理は払いすぎてしまっている利息がないかを調べ、債権者と交渉をして借金総額を減らし、合意できた額を決められた期間内に分割して支払いができるように調整をする債務整理の方法の一つになります。

債務整理のうち、任意整理は唯一裁判所を通さずに示談で借金問題を解決できる方法です。多重債務の状態になってしまっていても、返済額を減らすことができれば完済する目途が立ちそうな場合などは、まず任意整理で解決することを考えるのがおすすめです。

手続きは弁護士に相談するのがベスト

任意整理は個人で行うことができますが、債権者との交渉を不利な条件で終わらせないためにも、法律に詳しい弁護士に相談を行って間に立ってもらうのが安心です。

あくまでも示談であるため、債務者が条件を提示しても債権者が納得をしなければ和解できなくなってしまいますし、話し合いが長期化してしまうことで折り合いがつかず、結局裁判に持ち込まれてしまうというケースも珍しくありません。そうしたリスクを回避するためにも、借金の悩みは専門家である弁護士に相談をしてアドバイスを受けるのが確実です。

  • 債権者を一覧にまとめたもの
  • 借入先の連絡先や住所
  • 借入金額
  • 取り引きの開始日
  • 請求書

債務整理を依頼する際には、こうしたものを用意してから弁護士に面談に行くと相談がスムーズに進みます。

任意整理が可能となる条件

任意整理は借金を0にするのではなく、返済額を調整して完済させるものです。そのため、継続的に返済ができる人物であると見なされなければ行うことができません。最低限、返済に必要な期間に安定した収入を得ることができるというのが前提条件になります。

ただし、正社員として給与を得ている人だけではなく、フリーターやパートタイマーであっても任意整理が可能です。

任意整理が行われる流れ

まずは債権者へ受任の通知が送られる

任意整理の手続き自体は通常3ヶ月程度で完了します。まず弁護士に依頼をした段階で各債権者に対して受任通知が送られることになり、これによって今後一切の借金の支払いに関する窓口が代理人となった弁護士になることで、債務者に対する支払いの督促をストップさせることが可能です。

また、受任通知を送る際に同時に過去の取り引きの履歴なども開示請求することになります。送られてきた書面を元にして払いすぎた利息がないかを計算し直し、過払い金があれば借金総額からマイナスするなどして減額させ、債務者が支払うべき借金の状況を整理し確定していきます。

債権者との和解に向けた話し合いを行う

借金を計算し直した残高が確定した後は、債務整理の方針の決定です。希望通りに任意整理で問題なく借金返済が可能であると判断された場合には、債権者と弁護士が交渉を行って借金の分割支払いの回数や支払い日などを決めていくことになります。

基本的に3年から5年をかけての支払い、将来利息のカット、元金のみの返済で済むように話し合いますので、債務者の負担はかなり軽減されます。

和解後の注意点

話し合いがまとまれば和解書が作成され、内容に従って借金の返済が開始されることになります。しかし、この和解内容に違反があった場合や支払いが滞った場合などは和解が破棄されてしまうこととなり、遅延損害金や利息をプラスした額を請求されるなど、せっかくの交渉が無駄になってしまうので注意が必要です。減額された借金をきちんと完済するという、債務者側の誠実な対応が求められます。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧