任意整理との違いは?特定調停で債務整理するメリット

MENU

CLOSE

任意整理との違いは?特定調停で債務整理するメリット

特定調停による債務整理

債務整理の一種「特定調停」

債務整理手続きのひとつに「特定調停」という手続きがあります。特定調停とは借金の返済が難しくなっている債務者からの申し立てにより債務者と債権者が簡易裁判所の仲介のもとで話し合う手続きで、返済負担の軽減や返済期限の見直しなどで合意すれば債務整理が成立します。

特定調停はあまり利用されない

債務整理全体のうち約9割が任意整理によるもので、特定調停はあまり利用されません。借金問題に強い弁護士に相談すると最初に薦められるのは任意整理でマイホームを守りたい場合は個人再生、どう頑張っても返済が難しいときは自己破産を進められます。弁護士に借金の悩みを相談して特定調停を薦められるケースはほとんどありません。

特定調停は任意整理と似ている

特定調停で行われる債務整理の内容は任意整理と非常に似ています。特定調停は基本的に借金を見直すことで完済を目指す手続きであり、返済負担の軽減方法としては将来利息のカットや過払い金の返還請求、返済期限と毎月の返済金見直しによる返済計画の立案がメインです。

このような軽減措置は任意整理でも広く行われており、特定調停だから利用可能というわけではありません。特定調停を選ぶメリットはどこにあるのでしょうか。

特定調停特定調停を選ぶメリット

簡易裁判所の仲介がある

特定調停の最大の特徴は「簡易裁判所の仲介」です。任意整理は債権者と債務者の当事者同士の話し合いによるもので、公的な仲介者はいません。手続きを弁護士に依頼してもあくまでも債務者の代理人なので、双方の当事者のみで債務整理手続きは進められます。

特定調停は債務者が簡易裁判所に申し立てることで手続きが開始されます。簡易裁判所が仲介してくれるので債権者への一定の拘束力が確保され、一方的に債務整理の話し合いに応じてもらえないという事態は起こりません。

任意整理では債権者が一切話し合いに応じないような状況であっても特定調停では簡易裁判所の仲介を無視することは不可能なので、少なくとも最低限の話し合いの場だけは設けられます。

債権者と債務者の力関係が非対称になりがちな借金問題において、簡易裁判所という公的な仲介者の存在は非常に頼りになります。実際の手続きでは簡易裁判所の調停委員はあくまでも仲介であり弁護士のように代理人になってくれるわけではありませんが、後ろ盾のない債務者にとっては頼もしい仲介者です。

個人でも利用しやすい

債務整理は弁護士に悩みを相談して代理人として全てを任せてしまうのが確実な方法ですが、費用などの問題で弁護士に頼れないケースも少なくありません。そのようなケースでは個人で手続きを進めることになりますが、任意整理を個人で行うのはハードルが高く、交渉しても門前払いされるなど不成立に終わる可能性は高いです。

個人で債務整理手続きをするのなら、任意整理よりも特定調停を選んだほうがいいでしょう。内容自体は任意整理と近しいですが裁判所の仲介があるので債権者への連絡や呼び出しなども簡単です。交渉そのものは本人が直接する必要がありますが、債権者の同意を得られれば任意整理と同様に返済負担の軽減が実現します。

特定調停の話し合いは裁判所への出頭が必要になります。調停委員が仲介に入ってくれるので暴力的な振る舞いを取られる心配はなく、個人でも安心して話し合える環境が確保できます。

話し合いの行方がどうなるかは交渉次第ですが、きちんと計算した上で信頼ある返済計画を提示すれば一方的に話し合いを拒否されることはありません。特に過払い金が存在する場合はルールに従ってほぼ確実に取り戻せるので、借金を大きく減額できる可能性があります。

費用が安い

特定調停にかかる費用は借入先1社につき500円プラス切手代です。借入先が1社のみであればわずか1000円程度で債務整理可能です。

実際には交渉の手間や資料作成の時間がかかるので決して負担が小さいとはいえませんが、任意整理を弁護士に依頼すれば最低でも10万円はかかるのに比べれば圧倒的に安い費用で債務整理できるのは魅力的です。借入先が少なく交渉がもつれる心配が少ないのであれば、特定調停を選ぶメリットは大きいといえるでしょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧