借金が終わらない?!リボ払いの仕組みと債務整理の方法まとめ

MENU

CLOSE

借金が終わらない?!リボ払いの仕組みと債務整理の方法まとめ

リボ払いの危険な仕組みとは

457275d2022bce371ff736a8daf3df96_s

リボ払いが広まった理由

リボ払いとはクレジットカードのショッピングやキャッシング機能で借りたお金を返済する方式の一つです。毎月の返済額が一定である事で家計を考慮した返済計画を立てやすい印象があります。

また、どれだけ高額の借金をしても月々の返済額が同じなので負担を感じずに済む手軽さもある事で急速に浸透しました。このように一見すると安全で便利に思えるリボ払いですが、リボ払いが原因で返済を滞納して多重債務の状態に陥る人々が増加した事で問題視されています。

利息が高い

一般的なリボ払いの金利は、一括返済や分割払いと比較した場合に低く設定されています。一見すると利息が少なくてお得ですが、実際は一括払いや分割払いよりも返済期間が長いために利息を支払う回数が多く、結果的に利息の総額が他の返済方法よりも高額になります。

返済が長期化しやすい

一括返済は翌月の給料日やボーナス支給日で返済が終わり、分割払いは最初に決めた回数で返済が終わります。しかしリボ払いは一定の少ない金額で返済を行なうため、返済期間が長期化します。

また返済期間が長いために最初の借金返済が終わる前に別の借金をする可能性が高く、しかも借金が増えても返済額が同じなのでさらに返済期間が長期化します。その結果、借金返済が半永久的に続く状況に陥る危険性があります。

借金を重ねやすい

一括返済では給料日やボーナス支給日にしっかり返済できる範囲で借金を抑えるように注意しやすく、分割払いは借金に比例して月々の返済額が増加するためすぐに危険性を察知する事ができます。しかし、リボ払いによる月々の返済額は一定のままです。

そのため借金が膨らんでいる実感が無いままリボ払いでのショッピングやキャッシングの利用を続けて、知らないうちに自分の収入では返済が困難なほど借金が増えてしまう場合があります。

債務整理で返済額を減らす

2fd5fc65e03baf4224fe0648420ba1f1_s

債務整理について

債務とは借りた金品を返済する義務の事で、債務整理とは借金を整理する方法の事です。弁護士や司法書士に依頼して債務整理を行なう事で、借金返済のために借金をする状態から抜け出したり返済金額を減らす事が出来て、債務者が解決方法の見えない負担から抜け出す事が可能です。

主な債権整理の方法には「任意整理」「個人再生」「自己破産」「特定調停」の4つがあります。どの方法が適切かは法律事務所に相談する事で教えてもらえます。また多くの法律事務所は債務整理に関する相談を初回のみ無料で行っています。

任意整理

任意整理は一般的な債務整理の方法です。債権者の依頼を受けた弁護士や司法書士が消費者金融と交渉して、返済金の減額や金利負担のカットなどを要求します。そして3〜5年で返済が終わるように条件に整えます。また、その際に利息制限法の規定を超えて支払った利息があった場合に、差額を借金の元金の返済に割り当てたり、返済金を上回る分は過払い金として返還請求を行い取り戻してくれます。

個人再生

個人再生は民事再生法に基いて借金を減額して、原則3年、最長5年程度の期間で返済する方法です。特徴は借金が大幅に減額される事で、借金総額により減額の度合いは違いますが、借金をおよそ数分の1まで減らせます。

また自己破産を行った場合のように資格が制限されず、借金を抱えた原因がギャンブルや浪費癖であっても手続きを行なう事ができます。しかし債務整理のなかでも特に手続きが大変なため、費用が高く手続きに時間がかかります。

自己破産

自己破産は裁判所で免責が認められた場合に、税金や養育費などを除いたほぼ全ての借金を帳消しにできます。しかし自宅などの資産を没収される上に数ヶ月間は特定の仕事に就けないなど、様々な制限を受けます。

また誰でも自己破産ができるわけではなく、借金を返済できる見込みがない上に免責不許可事由に該当しないなどの条件が存在します。たとえば投資やギャンブル、浪費癖が原因で債務を抱えた場合は破産が認められません。

特定調停

特定調停とは調停員を交えて債務者と債権者が裁判所で交渉する方法です。任意整理は弁護士や司法書士に交渉を依頼しますが、特定調停は本人が直接交渉します。そのため入念に準備を整えて交渉を行なう必要があります。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧