債務整理も法律で認められています

MENU

CLOSE

債務整理も法律で認められています

債務整理には何種類かあります。

ご自身の資産・財産等の保有状況により、選択できる債務整理が決まってきます。昔は法律も整備されておらず、テレビや映画等で報道されていたように、怖そうなお兄さん達が怒鳴り込んできたり、家族で夜逃げしたり、一家心中で命を絶つようなことが起こりました。この状況を受けて、法律が整備され、厳しい取り立ても出来なくなり、夜逃げをしなくても、合法的に借金返済を減らして、生活再建が出来るようになりました。

また、以前は各社の基準のもとで限度額が決められていましたが、各社のネットワークがつながった事により、今では年収の3分の1までしか借りることが出来なくなりました。私が債務整理をした10年前は、厳しい取り立てはなくなっていましたが、各社で限度額が決められていましたので、合計11社、800万円の借金になっていました。

最初のころは何とか返せていましたが、結婚・出産・住宅購入等の生活の変化の中で、徐々に返せなくなり、借金を借金で返す状態になると、あっという間に借金は膨らんでいきました。やりくりが出来なくなると滞納するようになり、そうなると催促の電話が頻繁にかかってくるようになりました。サラリーマンをしていましたので、収入も劇的に上がるわけでもなく、給料日には即日返済にあてる生活になってしまいました。

ある日、「市民だより」を見ていると、「借金問題は早めの相談を」との記事が書かれていました。藁をもすがる思いで電話をすると、ある弁護士事務所を紹介されました。いわれるがまま連絡し、相談に行くと、慣れた感じで手続きを進めてもらえました。一番驚いたのは、弁護士に相談し、債務整理の契約書を書いてから数日で催促の電話がかかってこなくなりました。その後、数回弁護士事務所に書類を提出・記入に行き、指定口座に指定金額を毎月振り込んでいきました。数か月後、裁判所から決定の通知が来ました。

その後は、借金をした各社に3年かけて分割で毎月支払っていきました。最終的には3年間で弁護士費用も含めて250万円ほど払いました。官報にも住所・名前が載りますし、数社の金融会社から、「借金できます」という手紙は来ましたが、無視していれば特に問題はありませんでした。会社にもバレていないと思います。特に官報に載っていたと他人から聞いたことがありませんでしたので…。今は、やり直せる制度が整っていますので、制度を利用して生活再建し、もう一度頑張りましょう!

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧