妹が債務整理を行ったときの話

MENU

CLOSE

妹が債務整理を行ったときの話

私には23歳になる妹がいます。妹が行った手続きについてです。

妹は高校を卒業した後に一人暮らしを始めました。最初は携帯電話の店員さんの仕事をしていましたが、自分がやりたい仕事に就きたいとアパレル関係の仕事に転職しました。仕事は服のショップ店員さんで、アルバイトでしていました。

しかし、服のショップ店員さんの雇用形態がアルバイトであったこともあり給料が安かったのです。その結果妹はカードローンでお金を借りて生活をするようになっていったのです。当然、日々の生活に追われての借金であった為、返済はできなくなっていきました。

妹はずっと私達家族に黙っていたのです。妹の借金が判明したのは不動産の管理会社からの電話でした。妹が家賃を支払っていなかったのです。家賃が2ヶ月貯まっているとの事でした。家族間で妹と話をしました。実はその時身内に不幸があり、私達家族もお金がない状況でした。妹は話が出来なかったと泣いていましたが、その時点で200万以上の消費者金融の借金がありました。銀行のカードローンにも100万円以上ありました。妹の収入は手取りで12万前後です。とても返済できる金額ではありませんでした。

妹はアルバイトであった為健康保険料等も滞納していました。市民税も滞納しており、家賃も滞納しているのです。正直、今後の生活の事を家族で話し合いましたが、私自身自分の家族もあり、父は年金で生活しているので余裕はありません。

妹は自分で法テラスへ行き相談に行くと話をしました。未納の家賃については私が立て替えました。妹は法テラスへ行き、弁護士の先生と話をし、自己破産の手続きを取ることにすると話していました。自己破産すると借金がなくなるとの事で、妹の収入等を考えた場合、自分の収入から借金を返済していくことは難しいという話になったそうです。幸い、妹にも他の家族にも財産は有りませんでした。妹は私や父に迷惑をかける事を恐れていました。

ただ、自己破産をしても国民健康保険料や税金については免除されないようなので、それは役所の職員の方と話をして分割で納付することになりました。また家の保証人に父がなっているのですが、年齢が高齢になっているので今後は家の保証人は私がなることにしました。弁護士さんの支払いも分割で行う事が出来るようなのでとても助かりました。自己破産の手続きを開始して4ヶ月前後に正式に自己破産が成立しました。

正直若い妹が自己破産をするのは心が痛みましたが、妹が自己破産したいと述べたのです。20歳を超えた大人である為、私たち家族は妹を見守ることにしました。ただ、今度は妹が困ったことがあった場合は必ず家族に相談するように伝えました。事が大きくなってからでは取り返しがつかないこともあります。事が大きくなる前であれば自己破産だけでなく任意整理等も考えることが出来たのかと思います。皆さんも追い詰められる前に専門家の方に相談をしてみたらいいと思います。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧