債務整理をしたい。周りにバレる恐れは本当にないのか?

MENU

CLOSE

債務整理をしたい。周りにバレる恐れは本当にないのか?

債務整理はバレずに行う事ができるのか?について

借金でお悩みの方に最近よく利用されるのが債務整理と呼ばれる借金を整理する手続きです。債務整理において借金が本当に解決するのか?についてが一番気になるかと思いますが、他に気になるのは「周りにバレずに解決できるのか?」という事です。

もし借金が何とかできるとしても周りにバレて距離を取られてしまったり、変な目で見られるようになってしまうのは誰でも嫌でしょう。そこで、今回は債務整理がバレずにできるのかどうか?についてご紹介していきます。なお、債務整理を依頼する弁護士さんは守秘義務がありますので、こちらからバレると言う事はほぼありません。

なぜなら、弁護士さんは依頼人の相談や悩みを勝手に外部に漏らさないように努力しなければなりません。もしも守秘義務を守らなかった場合は弁護士さんであっても社会的に罰を受けます。何よりも信用問題に関わりますので今後の依頼が無くなってしまうリスクを犯してまで外部に依頼人の相談内容を漏らす事はありません。

債務整理の種類から考える家族や勤め先へ知られてしまう可能性

任意整理ならバレにくいが油断できない。

借金のお悩みで苦しんでいる方がよく選ばれる手続きが任意整理です。任意整理であれば勤め先等の外部にはほぼバレませんが、同居している家族には気をつけないとバレる可能性があります。任意整理とは弁護士さんに依頼することで、弁護士さんが消費者金融の業者さんと話し合いをして解決する方法ですので、少なくとも「弁護士さんと一緒に消費者金融に入った所を知人に目撃されてバレた!」という事もありません。

また、同居している家族がいる場合も、弁護士さんが家に直接来るという事態はよっぽどの事がない限りはありませんので、うまく交渉が進めば家族にもバレる事がないまま借金を整理できるのです。ただし、弁護士事務所からの報告書が郵便物として届いたりすると、家族から「何で弁護士事務所から書類が届いたの?」と問い詰められる可能性がある事だけはご注意ください。

個人再生は家族にはバレやすく、勤め先も注意する必要がある。

  • 家族にバレる理由。

家族にバレてしまう可能性がある理由として夫婦共働きであったり、同居している家族も収入があるご家庭も多いでしょう。しかし、個人再生を行う場合に避けて通れない大きな壁が配偶者や同居家族の「給与明細(過去2カ月分)」が必須となってしまうからです。

そこへさらに「家計収支表」という個人再生を申し立てる人の家庭における収入と支出の内訳表を用意しなければなりません。家庭の収入と支出なので、家計収支表には自分の収入と支出ではなく、家族全体の収入と支出を記入する必要があります。当然ですが家族であっても配偶者や同居している家族に「過去2カ月分の給与明細が必要だ」と言われたら誰でも「何に使うんだ?」と思うのは当然です。

こうなってしまうと説明に困るかもしれませんが、家族の協力を得られないのでは個人再生を進められません。よって、独身や別居中でもない限りは同居している家族に個人再生を進める事を隠すのはほぼ不可能に近いと言っても過言ではありません。

  • 勤め先にバレる理由。

勤め先にバレる可能性としては総務、または経理部の方に退職金見込額証明書を発行してもらう時です。退職金は自分で計算する事も可能ですが、計算方法がわからない場合やどうしても確実な金額を知りたい場合、勤め先に退職金見込額証明書をもらう必要性があります。

しかし、当然ですが「退職金見込額証明書をください」と言って「何に使うのか?」という事を聞かずに退職金見込額証明書をもらうのは何か言い訳を考えておかなければなりません。そうでないと退職金見込額証明書を取りに来たという事から「あの人が退職金見込額証明書を請求してきた。もしかするともうすぐ辞めるのでは?」という誤解を招く恐れがあります。

もし、退職金見込額証明書ではなく「退職金額の計算方法を教えてください」と聞いても「何でそんな事知りたいの?」という事でやはり疑いの目で見られてしまいます。退職金見込額証明書をもらう理由としては大きな金額の長期のローン(銀行ローンや住宅ローン)を組む事になった、なりそうだ、という理由が不自然には思われないでしょう。

いずれにせよ、退職金見込額証明書を欲しいと言った時点で変な目で見られる恐れがありますし、債務整理に詳しい人がいると「もしかして?」と思われる可能性があるので、勤め先に居辛さを感じる原因にならないようにしましょう。

自己破産は持ち家があれば家族には100%バレてしまいます。勤め先にも注意しないとバレる可能性があります。

借金を0にする代わりに家や土地といった物まで全て失ってしまう債務整理における最終手段が「自己破産」です。先に結論から言えば自己破産は持ち家があると家族には100%バレてしまいます。さすがに自己破産を選ばなければならないほどなら、借金が返せない額まで膨らんでいる事が多いですし、催促の手紙や電話もガンガンやってきますので家族に借金がある事が真っ先にバレている事のほうが多いでしょう。

仮に借金を今日まで隠し通せたとしても個人再生同様に配偶者と同居している家族の給与明細も必要です。また、持ち家があった場合は手放す必要があるのでバレてしまいます。ですが、実際は自己破産を考えている人が家族に自ら相談している場合がほとんどですので「自己破産を家族にバレないで…」は独身で持ち家をお持ちでない方でもない限りは、確実に家族にはバレてしまいます。また、退職金見込額証明書が必要なのは自己破産も同様なので、勤め先にも上手に隠し通さないとバレる可能性があります。

任意整理ならバレないから安心…?

「個人再生や自己破産が家族や勤め先にバレやすいなら、任意整理を選べば良いのではないか?」と思われるかもしれませんが、それは借金を返していけるかどうかが任意整理を選べる条件です。任意整理において注意すべき事は金融業者といった債権者から同意を得た以上、しっかりと返せる事が求められてしまいます。

バレてほしくないと言う理由で任意整理を依頼したのは良いが、結局それでも借金を返せずに自己破産する道を選ぶ事になってしまったという例は数多くあります。確かに借金がバレるのは誰でも恥ずかしい事ではありますが、安易に任意整理を選んで返しきれなければ結局は同じ事です。本当に借金を解決したいのであれば、場合によっては家族に全てを打ち明けて相談するのも借金を解決する道の1つでもあるのです。

債務整理を内緒にしていたのにこんな理由でバレてしまった…

弁護士さんとの連絡でバレた。

弁護士さんからの電話や郵便物があったとなると、家族もさすがに疑わしく思わざるを得ません。弁護士とのやり取りでバレたりしないようにするには以下の方法が対策として考えられます。

  • 携帯電話のみで連絡を取り合う事。
  • 固定電話のみなら連絡して良い時間帯を決める。
  • 郵便物は弁護士事務所の物とわからないようにしてもらう。

官報に載った事でバレた。

官報は一般人が見る事はあまりない存在ではありますが、個人再生や自己破産をした時は官報に名前が載ってしまいます。そこから外部の人にバレてしまう可能性がありますので、一般人があまり見ることのない官報だからといって油断はできません。以上から、債務整理は誰にも知られずに行うのには相応の準備が必要ですし、最低限家族には相談する事にもなる可能性がある事も視野に入れておきましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧