債務整理の種類、差し押さえのこと、弁護士の探し方etc.

MENU

CLOSE

債務整理の種類、差し押さえのこと、弁護士の探し方etc.

借金でお悩みのあなた!知ってましたか?借金って減らせるんです

何らかの背景で借金をしている人達は多いと思いますが、返済で悩みを抱えていませんか?そんな人たちに朗報があります。借金は法的に減らすことができるのです!それはどのようにして行うのかと言うと「債務整理」というやり方です。

紹介しましょう!債務整理の種類

債務整理は4種類存在していて、好きなやり方を選ぶことができます。どんな債務整理があるのかというと

  •  過払い金請求
  •  任意整理
  •  個人再生
  •  自己破産

の4パターンです。それぞれの債務整理には、債務者の向き不向きが存在しているので、その辺りに少し焦点を当ててみましょう。

過払い金請求が適しているのはこんな人

過払い金請求が向いている人は、文字通り「過払い金が発生している人」です。 利息が20%を超えた支払いをしている人は 過払い金が発生しているということになります。過払い金の請求は、借金を返済真っ最中でも出来ますし、すでに借金を返済し終わっている債務者も返金要求できるというメリットがあるのです(その代わり返済が終わった日から10年以内じゃないといけません)。

任意整理が適しているのはこんな人

「借金の金額はそこまで大きくないけれども、今の経済状況では返済は難しい」、という場合に適しています。任意整理は、元金だけの返済プランに変更することができるのです。つまり、利息を払う必要がありません。元金だけの返済になれば、多少経済状況が厳しくても、なんとか払っていくことは不可能ではないでしょう。

個人再生が適しているのはこんな人

任意整理で解決できない金額の借金だった場合は、個人再生が適しています。個人再生は、任意整理に比べると大幅な借金の減額が可能です。債務者の誠意や経済状況が認められれば半額以下になるケースも少なくありません。3年から5年で返済する必要があるので、一定の職業についているというのが最低限の条件になりますが、仕事や財産を守りたいという場合には是非検討してみてください。

自己破産が適しているのはこんな人

自己破産は「絶対に返済できない!」という状況の人しか使うことができません。代表的なところでいうと、「会社を潰してしまい、多額の借金だけが残り、返済は絶対に不可能」というようなケースです。これ以外のケースで自己破産が適用される場合もあるのですが、ギャンブルなどが原因の借金は適用されない場合もあるので覚えておいてください。

返済を怠っている人は要注意!督促を無視すると差し押さえにあいます

借金をきれいさっぱり整理したいのであれば債務整理は実施するべきです。ところが、債務整理も視野に入れず、開き直って督促を無視している債務者がたくさんいます。督促は舐めてはいけません!無視し続けていると差し押さえにあってしまいます。いったいどのようなものが差し押さえの対象になってしまうのか説明しておきましょう。

お給料

正社員であっても、アルバイトであっても、お給料は差し押さえの対象になります。いったいいくら差し引かれるのかと言うと、1/4を目安に差し押さえられます。これは、債務者にも生活があるためです。しかし、1/4とはいえかなりの痛手になることでしょう。借金を滞納する人達は、そもそも、お金がなくて悩みを抱えているわけですから。

銀行の預金口座

銀行の預金口座に残っている貯金も差し押さえられます。これは、一つの口座だけではなく、複数の口座を持っている時は全ての銀行口座が対象になるのです。この時に注意しておきたいのは、「銀行口座の差し押さえは上限金額が決まっていない」ということ!これは怖いですね。従って、状況によっては全額差し押さえられてしまう可能性もゼロではないということになります。

値打ちのある財産

自宅に所有していたり、あるいは別宅に所有していたりするような値打ちのある財産は差し押さえの対象です。例えば、

  • 自動車
  • 高価なロードバイク
  • 骨董品
  • 高値がつくサブカルチャーアイテム

などなど。場合によっては土地や一軒家、マンションを差し押さえられる場合もあります(もちろん賃貸は対象外です)。しかし、これらのような財産の差し押さえは優先順位が高いわけではありません。

なぜかというと、換金するにはコストが必要だからです。ですから、財産を差し押さえられるような債務者はよっぽどの状況だということになります。こんなことにならないうちに、是非債務整理を検討してください。

弁護士の選び方がわからない! という形に弁護士の探し方を教えします

最後に弁護士の話もしておきましょう。債務整理をするときは弁護士に依頼する必要があるのです。しかし、弁護士の探し方がわからないという債務者もたくさんいると思います。そんな人たちに向けて弁護士の探し方を紹介してみましょう。

大前提として「債務整理を得意としている」弁護士を頼る

大前提としては、「債務整理の案件を得意としている弁護士」に依頼しなければならないということです。弁護士ならば、法律はなんでも得意としているイメージがあるかもしれませんが、実際はそんなことはありません。得意なジャンルが偏っている弁護士はたくさんいます。したがって、債務整理をより多く解決してきた実績は最低限確認してください。世の中には、債務整理のみを取り扱っている弁護士事務所も存在しています。

口コミを確認しましょう

弁護士の評判を確認するためには、口コミを確認するというのも一つの方法です。口コミの確認方法は、インターネットを使えばOKです。弁護士事務所をインターネットで検索してみると、いろんな弁護士事務所を一括表示しているまとめサイトがあります。そのようなサイトを確認すれば、口コミも一緒に掲載されているので、ぜひ活用してみてください。

創業年数を確認しましょう

弁護士事務所は、創業して間もない事務所もあれば、かなり老舗の弁護士事務所まで様々存在しています。新しい弁護士事務所は信頼できないというわけではありませんが、成功率を上げたいのであれば、老舗の弁護士事務所の方が安心できるでしょう。また、老舗の弁護士事務所は、所属している弁護士の数が多いので、依頼者の性格に合った弁護士に出会うことも不可能ではありません。依頼者と弁護士の相性って意外と大切なんですよ。

料金を明確にしてくれる

債務整理をすると、必ず弁護士費用が発生します。だから、最初の段階でどれだけ料金を明確にしてくれるのかというのはとても大切なことです。良心的ではない弁護士事務所の場合は、料金の説明をあまりせず、最後に想定外の料金を請求してくるケースがあります。債務整理の種類によって料金は大きく変わってきますから、料金の内容は最初に必ず説明してもらうようにしましょう。

相談料がかからない弁護士事務所を選びましょう

弁護士事務所を的確に選ぶためには、弁護士事務所を何件か回って、最終的な1件を決めるべきだと思います。その時にネックになりやすいのが「相談料」です。弁護士事務所は、相談するだけで料金が発生するのが通常です。

しかし、最近の弁護士事務所は、相談料を無料にしているケースもあります。全ての相談時間に対して無料というケースは少ないかもしれませんが、初回の相談ぐらいなら無料になっている弁護士事務所はたくさん存在しているのです。

このような弁護士事務所を中心に回れば、余計な費用をかけずに弁護士選びをすることができます。ちなみに、相談料がかかる場合は30分で5000円ぐらいが相場です。この価格が高くないと思う債務者は、相談料がかかる弁護士事務所も視野に入れてもいいかもしれません。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧