生計を助けてくれた債務整理というきっかけ

MENU

CLOSE

生計を助けてくれた債務整理というきっかけ

債務整理の良さは、一番は借金の軽減ですが、それ以外にも他の人にバレない様に行える点です。借金の内容によっては、家族で力を合わせて返して乗り切ろうと言うケースは稀で、ほとんどが他の人にはもちろん、両親や、場合によっては家族にバレない様に行いたいと言うケースの方が多いと思っています。それは体験をしてよくわかりました。

結婚をして、子供が出来て、家を購入した環境で借金がない人はいません。資金繰りで仕方ありません。ただ、収支のバランスの崩れが長引けば長引くほど、借金は増えていきます。私も結婚をして、子供にも恵まれて家も購入しました。うまく生計を立てていることが当たり前だと感じた時に、借金は生まれるものです。今年のボーナスで返そうとか、昇給した分で返そうとか、まだ入っていないお金を見込む癖がついていました。見込みほど怖いものはありません。

もし、その見込みのお金が入らなかったらとは、うまく行っている時は考えないものです。大体が現実となってから右往左往するものです。そんな時も確認もせずに、きっと妻が貯金をしてくれているのだろうと思い込んでしまいます。これも見込み癖です。厳しい状況でも根拠もなく大丈夫と思ってしまいます。

しかし、現実は厳しく、何も行動をしなければ借金と言うのは嵩むだけです。表面的には何も変わっていない様な光景です。ただ、外食に行かなくなった程度です。しかし、この外食に行かなくなったが、SOSなのですが、気がつかないと言うより、気がつかない様にしていたのかも知れません。給料カットが3回、ボーナスなしが7年間です。何も変わらない訳がありません。何かのタイミングで滅多に家計の事は自分から話す事はなかった私は妻に聞いてみました。大丈夫と言う答えを期待していたのですが、答えは火の車の状況と言う答えでした。

そして、こっそりと妻のカードだけでもと、妻は債務整理をしていたのです。何で言わなかったのかと一瞬、口に出そうとしたのですが、言わなかったのではない。言えなかったのだと思うと、攻める事は出来ませんでした。

債務整理は、お金にだらしない人が行うものと言う偏見がありましたがそうではありませんでした。そして何よりも私は債務整理と言うシステムの細かい部分まではわからなかったのですが、妻に聞いて、借金で悩んでいる人の為の救済システムでもある事がわかり、私のカードも全て債務整理の対象にさせて頂き、想像以上に借金が軽減され、夫婦で目の前から闇が消えた気持ちになりました。久々に夫婦で心の底から笑顔になりました。妻が泣く泣く家計を回す為に奔走した債務整理がきっかけとなり、生計が立ち始めました。私はこの債務整理をした月日を忘れません。笑顔になれた日ですから。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧