弁護士費用や任意整理の初期費用が怖くて借金相談できない…

MENU

CLOSE

弁護士費用や任意整理の初期費用が怖くて借金相談できない…

債務整理とお金

f24243b91454d4af2740c0775d41cc7a_s

債務整理の手続きにもお金が必要

借金の滞納が大きくなり月々の返済が厳しくなった場合に取る方法として債務整理があります。それは自己破産であったり任意整理と形は様々ですが自身の抱える債務を返せるものは返してまた、過払い金など払いすぎて逆に返してもらえる可能性のあるお金を返してもらうなどです。

この手続きを行う場合に債務者はほとんどお金をもっていないことでしょうし中には日々の生活もままならないといった切迫した方もいるかもしれません。しかし、そんな方々への救済の手続きであるこの債務整理にもちゃんとお金が必要で、その額も決して少なくありません。

債務整理に掛かる費用

いざ、自身の借金をどうにかしようとしてもその解決方法は素人にはなかなか敷居の高いものとなっていますのでこういった場合専門家を頼ることになります。そこで弁護士ですが掛かる費用としては相談費用が30分5000円、これは相談を受けた回数分掛かります。

そして実際の債務整理に掛かる費用についてですがこれは弁護士によってまちまちですが30万円から50万円ほどです。しかし抱える債務の借入先が多い、額自体が多いなど手続きに手間が掛かる場合はもっと掛かる可能性があります。

また、実際に債務整理に入りますと裁判を行うことになるのですが、この裁判手続きに対して予納金を納める必要があり、裁判の種類によって変わりますが20万円程の費用が必要になるでしょう。結局のところ借金を帳消しにしても払うべきお金はある程度は残るということになります。

債務整理に掛かるお金を節約する

eb34a5455e5b140b752acbe3c4641bb9_s

弁護士事務所の無料相談を利用する

弁護士への相談料には基本的に数千円のお金が必要ですが、中には相談料を格安から無料で行っている事務所もあります。弁護士を探す場合まず、自分の知識を多少なりとも埋めるためにもこういったサービスを利用することで節約に繋がります。

また、無料相談でなくともできるだけ複数の弁護士と話をしてみることが大切です。債務整理には手続きに入ると弁護士によりますが10万円程の着手金が必要になります。しかしもし途中で弁護士を解任したい場合でもこの着手金は返ってこない可能性が高いです。

個人の債務整理に関しては報酬料の少なさから契約後に露骨に態度が悪くなる弁護士も少なからずいます。そういったトラブルを避けるためにも複数の弁護士と話をして自身が納得できる弁護士を探すことがトータルで安く済ませる考え方になります。

個別の債務額が140万円以下なら司法書士が安い

債務整理には弁護士というイメージがあるかもしれませんが実は土地や建物の登記業務を行う司法書士でも可能です。そのメリットについては料金の安さで大幅な減額は望めないかもしれませんが例えば事件によっては2割ほど費用を抑えることができます。

しかしその業務には制限がつき債務額が個別で140万円以下のものしか扱えません。そのため、金利を払いすぎたことによる過払い金請求や複数の借り入れ先が多いといった場合には不向きかもしれません。

法テラスを利用する

収入が一定以下という条件がありますが低所得者向けのネットサービスに法テラスという機関があります。ここでは自身が抱える問題の相談から実際の債務整理に関する手続きをサポートしてくれます。法テラスのメリットはなんといっても料金の安さで、相談費用は1案件につき3回まで無料で相談が受けられます。

この相談相手の弁護士は選べず毎回の相談が別々な人に当たりますのでいい弁護士に出会えるかどうかは運ですが、まずはここで相談してみてもいいでしょう。そして裁判にかかる実費についても弁護士に個人で依頼をするよりも安くすみ、例えば弁護士に個人で依頼したら30万円必要であった場合でも法テラスなら20万円で済むこともあります。

また、裁判にかかる費用も一時的に法テラスで変わりに払ってくれる制度も魅力です。一時的なので結局は返すことになりますが月々数千円からの分割支払いも可能で、また裁判後の生活状況によっては費用免除もありえます。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧