真面目な人ほど損をする?過払い金が発生する仕組みとは

MENU

CLOSE

真面目な人ほど損をする?過払い金が発生する仕組みとは

真面目な人ほど借金を支払い過ぎていることがある

2dd8d264dda3454cafccf0f76e07b87b_s

借金はすべて払わなければいけないものとは限らない点に注意が必要です。これは法定金利というものが存在し、それ以上の金利でお金を貸すことは違法になる事があるからです。しかし、法定上の罰則が存在する金利と、法定金利に違いが存在したため、グレーゾーンでお金を貸し出していた金融業者が存在していたのです。

現在は金融関連の法律が改正されたため、グレーゾーンの金利は適用できなくなっています。しかし、過去の契約を見直すと過剰な返済を行っている可能性があるのです。この過剰に返済したお金は過払い金と言われており、金融機関に請求することで取り戻すことができるのです。また、返済能力に限界がある場合は債務整理という形で借金を減らすことや、金利の調整を行うことができます。

注意したいのが金融機関が借金の返済方法に関する積極的なお知らせをすることはなく、債務整理を進めることもない点です。そのため、真面目な人ほど借金の支払い過ぎている可能性が高まるのです。保証人としての借金であっても債務整理の対象となる事があるため、無理にすべて返済する必要は無いのです。

これは法律上認められた権利であると同時に、契約時の内容が実態にそぐわない可能性もあるからです。借金で悩んでいる場合は一度法律に詳しい弁護士に相談した方が良く、素早く解決するためのポイントにもなっています。

お金を貸す側も貸し倒れのリスクを含めて金利を設定しているため、一人で悩む必要は無いのです。借金が帳消しになる事や、お金が戻ってくることもあるからこそ、まず確認することが重要になっています。

弁護士費用は思ったよりも高くないケースも

6ef85ad44014173352dfe00d62885b98_s

借金に悩んでいるのに弁護士に相談しても、弁護士費用が払えないと思う人も多いものです。しかし、過払い金の場合は過払い金の一部が報酬として支払われるため、多くの場合で収支はプラスになります。相談料や見積もりは無料で、実際に過払い金が発生しなかった場合も無料であるケースも多いのです。

過払い金で借金が相殺しきれない場合や、返済のめどが立たない場合は任意整理や民事再生、自己破産などの方法から最適な物を選んでいくことになります。債務整理の共通点は借金の滞納があっても督促が来ないようにすることができる点です。これは借金の支払い方法などを決めないうちに督促を行うと、過剰な返済などになり返却の手間などが発生することがあるからです。

債務整理のうち、任意整理は金融機関と交渉して金利や返済額を調整する方法です。弁護士を通して金融機関と交渉し、自分の返済スケールに合わせた金利や返済額に調整することができるのです。裁判所を通さないことと、特定の金融機関と交渉が出来ることから比較的手軽な債務整理の方法になっています。

返済総額の圧縮具合などに応じて報酬が加減されるため、マイナスになる事はまずないのです。民事再生は任意整理よりも踏み込んだ方法で、裁判所を通した法的な続きで借金を減らすことができます。費用は弁護士事務所などで異なるものの、定額になります。

ただし、家や車などの財産を残しつつ借金を減らすためにはオプション料金が必要になり、結果的に費用が高くなることがあります。また、定職についていることが条件のため、非正規雇用の場合や、自営業の場合は選択できない可能性が出てきます。自己破産は定額であるのが基本で、一般的に民事再生よりも費用は安くなります。自己破産の手続きをすれば借金を帳消しにすることができます。

ポイントになるのが、冷蔵庫などの生活必需品は差し押さえの対象にならない点です。また、金融業など特定の職業についていない限り自己破産の情報が職場に伝わることもないため、日常生活にほとんど影響がないケースもあるのです。基本的に債務整理は借金で苦しむ人のための仕組みであり、過剰な費用請求や生活自体が困難になる取り立ては発生しないようになっているのです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧