借金が少なくても自己破産できる?債務整理のポイントまとめ

MENU

CLOSE

借金が少なくても自己破産できる?債務整理のポイントまとめ

金額が小さくても債務整理ができるケースも

借金の悩みを抱えてしまうと、自己破産しか方法がないのではないか、金額が少額の場合は手続きができないのではないかと不安になりがちです。借金を減らす債務整理には様々な手法があり、自己破産以外でも借金を減らす方法があります。

また、生活保護を受けていても自己破産などの債務整理は可能で、場合によっては支払いの猶予を受けることができます。病気などで収入が途絶えた場合などは少額の借金であっても返済が滞る可能性があるものです。債務整理は金額の多い少ないではなく自分の支払い能力に応じた措置を受けられるため、まずは弁護士など専門家に相談した方が良いのです。

メールや電話で無料相談を受け付けている弁護士事務所が増えているだけでなく、見積もりまで何度でも相談無料の弁護士事務所も誕生しています。返済能力も含めた総合的な相談に乗っていることも多いからこそ、悩み続けるよりも話してみた方が気分が軽くなることが多いのです。債務整理を始めると借金の取り立てがストップするのも覚えておきたいポイントです。

弁護士から各金融機関に連絡が入るため、手続きが完了するまで借金の督促ができなくなるのです。自己破産の場合はそのまま借金がゼロになるため、支払い義務から解放されます。大切なのは借金の金額や手持ちの資産をしっかりと申告することで、不正が見つかれば自己破産の許可が下りない場合もあります。

他の債務整理の方法でも正常に手続きが終わらなくなる可能性があるため、正直に弁護士に話すことは大切なポイントになります。まずは弁護士と信頼関係を築くことが大切になるからこそ、複数の弁護士事務所と連絡をとった上で債務整理を依頼するケースは珍しくないのです。

過払い金は時効になるケースもある点に注意

同じ借金でも、違法な金利の設定がされていたために支払い過ぎているケースも存在します。いわゆる過払い金が発生していた場合は、簡単な手続きでお金が戻ってくる可能性があります。注意したいのは時効を迎えているケースが増えていることで、早めに問い合わせをしないと間に合わないこともある点です。

10年近く支払いを続けている場合や、すでに支払いが終わった借金がある場合はいったん弁護士に相談してみるのも方法です。実際に債務整理を行う場合も過払い金がないかどうかから調べるケースが多く、債務整理のデメリットを減らす方法の一つとしても知られています。これは債務整理を行ってしまうと信用情報がブラックの状態になってしまい、新たにクレジットカードが作れなくなってしまうことがあるからです。

過払い金で借金が完済できる場合や、お金が戻ってくる場合はブラックリストへの移動も一時的なもので済むため、デメリットが小さくなるのです。もちろん、借金が残っても過払い金請求をした方が良いケースもあります。また、任意整理など他の債務整理と組み合わせることで借金の返済総額を減らすことも可能になるのです。

信用情報がブラックになるよりも、まず借金を返した方が生活が楽になるケースが多いため、併せて弁護士に相談するのも大切なポイントです。デビットカード等クレジットカードの代用として使えるカードは増えているため、それほどデメリットが生じない場合もあります。

支払い情報がブラックになっても、5年程度の期間で信用情報がリセットされるのも覚えておきたいポイントです。一生カードを作れないわけではなく、あくまで一時的な措置になっているのです。金融情報の保存期間は限られているため、過度に恐れる必要はないのです。

債務整理は家族の迷惑にならないことも

債務整理を行う際に気にしがちなことは、家族に迷惑をかけないかどうかです。実際に借金問題に悩む人の多くが家族への影響を気にしているため、非常に重要なポイントと言えます。誤解されがちなことは、たとえ自己破産でも家族が保証人になるなど債務に積極的にかかわった人間でなければ影響を受けないということです。債務整理をしたからと言って、家族が借金を肩代わりする義務はないのです。

住宅ローンを組む際など、大型のローンで家族に保証人になることを依頼していなければ影響は受けないのです。また、任意整理という手続きをとれば、保証人がいる契約だけを外して金融機関と交渉することも可能になります。たとえ保証人になってもらっていても、被害を最低限にすることや、一部の支払いを続けることで影響をゼロにすることができるケースがあるのです。

債務整理後に保証人ではない家族に金銭などを要求する行為は違法行為である可能性が高いため、弁護士や警察が味方になってくれます。自己破産や債務整理は経済的に行き詰った人を救済するための制度であり、自活に必要な能力を残すところも含めて整備されているのです。

影響がないかどうか不安な場合も弁護士に話した方が良く、悩み解決の第一歩となることも珍しくなくなっています。家族に知られることなく借金の返済ができるケースもあるのです。住宅ローンが残っていた方が有利に進む債務整理も存在します。

個人再生の場合は住宅ローンなどのローンの支払額が不動産評価よりも高い場合に限り、返済を続けることで資産として残せる可能性があるからです。自己破産の場合は家や車なども手放す必要があるため、個人再生の方がメリットが大きいケースもあるのです。

自己破産をした方が良いケースとは

自己破産はマイナスのイメージが付きまといがちですが、法整備も行き届いていることはあまり知られていないポイントです。例えば自己破産をしても当面の生活費や預金は残せるようになっています。自己破産の手続き開始時点で借金の取り立てや支払いがストップされるため、お金を貯めて自己破産の料金を一括で支払ってしまう人もいます。

分割支払いが可能な弁護士事務所や、手続き完了後の支払いにできるケースも多いのも特徴となっています。自己破産の手続きには半年程度かかるのが一般的で、家や土地などの資産が多ければさらに時間がかかるケースもあります。生活に必要な家電の差し押さえも禁止されています。

よほど高級な電化製品であれば対象外となることもありますが、冷蔵庫や洗濯機は生活必需品であるため手元に残せるのが一般的なのです。生活保護の基準ともなる必要最低限の文化的暮らしを脅かすことは法律で禁止されているため、財産自体が少ない場合は全く影響を受けないケースもあります。職業の制限も弁護士や金融関係などの一部の職に限られており、制限を受ける期間も一時的なものです。

多くの職業で影響を受けずに働けるため、誰にも気づかれずに破産手続きを終えそのまま暮らしている人もいるのです。自己破産をした方が良い人は、借金額が大きく、返済のめどを立てることができない場合です。病気などで収入が減った場合も含まれており、併せて生活保護の申請を検討した方が良いこともあります。少額であっても自己破産が適用されることもあります。

一方で、自己破産を避けた方が良い人は、十分な収入がある場合で生活の再建の目途も立てやすい人です。任意整理などの債務整理であれば、比較的早く信用情報が元に戻るなどプラスの面もあります。借金を減らすよりも手続きの簡便さや終わった後を見据えて手続きをとるのも大切で、専門家に相談した方がいい理由の一つになっているのです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧