ひとりで抱え込まないで!借金問題は早めに弁護士へ相談を

MENU

CLOSE

ひとりで抱え込まないで!借金問題は早めに弁護士へ相談を

借金の悩みとこころの健康

借金の悩みが大きな精神的ストレスに

借金問題を抱えていると孤独になりがちです。借金が返済できないというのは人にうちあけにくく、気軽に相談できるものではありません。世間体も気になりますし、借金している人というレッテルを貼られたら信用を損なってしまうと考えるとバレないように隠すことに熱心になってしまいます。

しかし、借金のことを隠していても事態は好転しません。借金そのものも利息がかさんでどんどん膨らんでしまいますが、もっと重要なのは心の問題です。

秘密を抱えたまま借金に追われる生活では心が休まる暇がなく、精神がすり減ってバランスを崩しかねません。仮に返済に成功したとしても、こころの健康を損なってしまってはやり直しが難しくなってしまいます。

早期の相談がこころの健康を守る

借金問題からこころの健康を守るために重要なのが、人に相談することです。借金問題を人に相談するのは勇気がいることですが、いつまでも隠したままではいられません。キズの浅いうちに借金問題の専門家である弁護士に悩みを相談しましょう。

弁護士に相談するのは恥ずかしいことではありません。多少の勇気は必要ですが、思い切って借金の悩みを打ち明けてしまえば弁護士は親身になって相談に乗ってくれます。現状の悩みを聞いた上で最適の解決方法を提案してくれますから、借金問題解決の頼もしい味方になってくれるでしょう。

借金の悩みを弁護士に相談することで心に重くのしかかった負担から解放され、それだけでストレスは大きく軽減されます。相談した段階では借金問題解決への歩みを踏み出したに過ぎませんが、前向きな気持ちを取り戻すことができるだけでも大きな一歩になるでしょう。

債務整理と弁護士の力

債務整理で借金問題解決を目指す

借金問題解決の方法として有効な方法が「債務整理」です。債務整理とは債権者との交渉を通じて利息や返済期限を見直す手続きのことで、成立すれば返済負担が軽減されます。債務整理は個人でも手続きできるものの書類作成や交渉など専門的な知識と経験が求められる作業が多く、弁護士や司法書士を代理人に立てて手続きを進めるのが一般的です。

弁護士に相談すると、借金の額や状況を考慮して最適な手続き方法を提案してくれます。金利負担や返済期限を見なおして完済を目指す「任意整理」による解決が最も多く債務整理全体の9割を占めます。条件によっては「特定調停」や「個人再生」も選ばれますが、いずれも返済負担は軽減されるものの返済を続け完済を目指します。

例外として借金が高額でどう頑張っても完済が難しい状況の場合は、すべての借金が免責される「自己破産」による再生を目指すことになります。自己破産は借金問題解決の切り札とも言える手続きですが、デメリットも大きく安易に使える方法ではありません。

債務整理と弁護士費用

債務整理を弁護士に依頼する場合は報酬を支払わなくてはいけません。借金で経済的に苦しい状況で弁護士費用は負担になってしまいますが、弁護士に依頼するメリットは大きいので決して損はしません。弁護士に債務整理手続きを依頼すると、面倒な事務手続きや交渉作業はすべて代行してもらえます。

自分で手続きするとなると債権者一件ずつ書類の送付や減免交渉などを行わなければならず手間と時間がかかってしまいますが、弁護士に任せればそのすべての作業を安心して任せられます。仕事と並行しながらでも無理なく手続きを進められますし、会社にバレる心配もありません。

債務整理を弁護士に依頼した場合にかかる費用は30〜60万円が相場です。安くはない金額ですが、全ての作業を代行してくれることを考えれば決して高くはありません。

何よりも借金の悩みを相談できて力になってくれる存在がいるというのは何物にも代えがたい安心感です。借金問題に強い弁護士なら弁護士費用の支払いも含めて相談に乗ってくれるので、恥ずかしがらずに相談し力になってもらいましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧