借金が始まるのは結婚式?嬉しいだけじゃない現実を知る

MENU

CLOSE

借金が始まるのは結婚式?嬉しいだけじゃない現実を知る

結婚式ラッシュで借金をしてしまう人

結婚式のご祝儀は3万円が相場

友人や会社の同僚・上司が結婚式を挙げるのは非常に喜ばしいことと言えます。しかし、結婚式に欠かせないのがご祝儀ですよね。日頃の感謝やお祝いの気持ちを込めて渡すべきご祝儀ですが、今のところは3万円が相場と考えられます。

これには諸説あり経費や引き出物代が高いからというものが有力です。どうやら料理代だけでも1万円、引き出物代は5000円を超える場合が多いため、3万円という金額は高いと言えないのかもしれません。出席者にとっての悩みどころです。

結婚式が多いのは20代、まだ収入が少ない人も

もちろん、働いている人であれば3万円を包む余裕はあるでしょうし学生であってもアルバイトでためることは難しくありません。しかしご祝儀の厄介なところは結婚式が重なる点にあります。大体、結婚する年齢は20代なのでその時期になると1年で数回の結婚式の招待が来ます。

特に人間関係の広い人ほど多くの招待が届くためご祝儀の額もかさんでしまいます。1回の結婚式は3万円でも5回出席すれば15万円になります。しかも、20代と言えばまだ収入も思うように上がらず十分な貯金ができない人も珍しくありません。そのため、結婚式ラッシュのせいで貯金がどんどんなくなっていくという現実にもしっかり目を向けてください。

もし、結婚式に十分なご祝儀がつつめない時は欠席した方が無難ですが、現在は懐事情が厳しいためかご祝儀として2万円や1万円を包むという人も増えてきています。これからは結婚式へのハードルも下がっていくのかもしれませんね。

その場しのぎで借金を借りてしまう

どうしてもお金を賄えないけど結婚式には出ないといけない...そんな悩みを借金で解決する場合もありますよね。ご祝儀の額が少ないことや結婚式に出席できないことで人間関係がこじれることはめったになくとも、友人としての責任を果たしたいという気持ちはあるものです。よって、借金の始まりが結婚式になることも考えたうえで日々の貯蓄をするという考えは十分にあり得ます。

結婚式の借金は家計を圧迫しないけど引き金にはなる

結婚式が重なると出費は重なります。だからと言って結婚式に出過ぎて債務整理に陥ることはありません。ところがこの借金が引き金となってさらなる借金をしてしまうということは十分にあり得ます。万が一のために借金が増えすぎてしまった時の対処法や弁護士に何を相談すればよいのかなどを見ていきましょう。

借金を返す作業が予想以上に大変な理由

借金をすること自体は簡単です。普通に働いている人であれば間違いなく審査に落ちることはありません。お金を借りる手順もスマホで完結させることができます。その時は一時的にお金が増えますし、お金を返すときも月々1〜2万円で済みます。ところが、この1〜2万円の返済がなかなか大変なのです。

借金を返すということは今までの生活費にプラスしてお金を払うことになります。つまり、何も手に入らないにもかかわらずお金が余分に出て行ってしまう状態に陥ります。借金を問題なく返すためには生活レベルを下げることも視野に入れなくてはいけません。

もし、借金の返済が大変になってしまうと借金を返済するために新たな借金をすることになってしまいます。最初は困るたびに1万円借りていたのが次第に額が増え、気付けば限度額に達してしまいます。

いざという時は債務整理

よって、たとえ少額でも借金は念を入れて管理してください。どうしても返済できない時は弁護士に相談して債務整理を行いましょう。債務整理にはいくつかの制度があるので経済状況に合わせてその効力やデメリットを選ぶことができます。困窮度が重くなるほど選択肢は減っていくので早めの相談が大切です。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧