借金をするってどんな気持ち?知っておきたい3つの落とし穴

MENU

CLOSE

借金をするってどんな気持ち?知っておきたい3つの落とし穴

借金を返さなくてはいけないのは分かっている、でも借金がかさむのはどうして?

借金をすると「預金が増えた」と勘違いしています

欲しいものがあるときやお金がない時の強い味方と言えば借金です。色々な問題を引き起こす悪者として扱われやすい借金ですが、本当はその場のピンチを救う道具であり未来への投資という側面も持っています。会社だって借金をするからこそ大きな事業ができることも常識ですね。

しかし、借金は使い方と債務者の気持ちで生活を苦しめる道具に変わってしまいます。例えば、借金をした人は「預金が増えた」ように勘違いしてしまいます。一度審査に通れば数十万円の限度額が設定され、限度額までなら何度でも借りることが可能です。特に、大金を一気に借りてしまうと返済が苦にならず、お金が増えたような錯覚になります。

もちろん返済を楽に感じるのはお金に余裕がある序盤だけです。その見せかけの余裕に騙されて財布のひもが緩くなってしまえば本来買わなくてよいものにまでお金を使ってしまいます。そして、借りたお金が底を尽きそうになった時に現実へ引き戻されます。借金は自分のお金ではないという意識を持って借りることが大切ですね。

借金は1回すると慣れてしまいます

また、借金は金額の多い少ないよりも借金をする・しないではっきりと分かれています。借金をしたことのない人にとっては非常に怖いものとして映るからです。いま借金で悩んでいる人も最初に借りる時はとても緊張していました。しかし一度借りると借金が簡単にできると気付きます。

そのため、初めは少額を借りていた人でさえ「もう少し借りてもいいや」と気が緩んでしまいます。深刻な場合は「今月は支払いがきついから借金で借金を返済しよう」という心理に陥ります。しかし、借金には限界もあれば利息もあります。

借金を返済する辛さは借りた後にしかわかりません

借金を返済するのはつらいことです。とくに借金をしたことで生活水準を上げてしまった人ほど返済が辛くなります。借金を返済するためには普段の生活費に月々の返済額を上乗せしなければいけません。ということは、今まで貯金に充てていた分で返済をするか生活費を切り詰めるしか選択肢がないわけです。

ところが、借金に慣れてしまった人は借金で贅沢ができた時から戻すだけでも精一杯です。借金を返すという辛さは貯金が貯まらないという辛さであり、生活水準を下げなくてはいけないという辛さです。こればかりは借りてみないと分かりませんよね。

借金でお悩みならすぐに弁護士へ相談しよう

借金の悩みは恥ずかしいことではない

借金の悩みを友人に相談すると嫌な顔をされてしまいます。恋人に相談するとそれを理由に破局されてしまうことすらあるかもしれません。それが分かっていても想像以上の辛さに借金を返せない人は多いのです。

借金の悩みを持つことは恥ずかしいことではありませんし、問題を深刻にしないためにも弁護士への相談は早ければ早い程よいです、今は初回の相談料を払わなくてよい弁護士事務所もあるので持ち合わせは気にしなくてOKです。

債務整理にはどんな方法があるの?

弁護士に相談した時に提示される選択肢が債務整理です。債務整理とは借金を減らすための制度で、債権者が債務者から可能な限りのお金を取り戻すため、債務者が人生の再スタートを切れるためのものです。

債務整理には将来の利息をカットできる任意整理、債務の元本も減額できる個人再生、債務を帳消しにできる自己破産があります。もっとも効力の強いものは自己破産ですがブラックリストの掲載期間も最も長いため慎重に選びたいところです。

弁護士への相談をためらうとこんな事態になるかも

もし、弁護士への相談を長引かせていると督促状だけでなく一括請求通知が届きます。もし、この通知すら無視すると裁判が起こされ財産を差し押さえられます。差し押さえに比べたら債務整理で解決出来た方がはるかに損失が少ないです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧