まさかあの人が?信じたくても隠れ借金を疑いたいときの見抜き方

MENU

CLOSE

まさかあの人が?信じたくても隠れ借金を疑いたいときの見抜き方

ついついしてしまう隠れ借金とは?

借金を隠れてされることは信用問題にかかわる

実は配偶者や家族に借金を隠している...という悩みを持っている人はたくさんいます。借金が必要な理由は、収入が下がったけど配偶者に打ち明けられることができなかったという理由から単純に浪費をしてしまった場合まで様々あるようですが、隠してまで借金をするということはそこにやましさがあるわけです。

私たちの生活で、お金は最上位と言えるほどに大切なものです。お金が多ければ生活は豊かになりますしお金が少なければ生活は貧しくなります。だからこそ、お金にだらしがない人と一緒にいることは家計を傾けるリスクすらあります。そのため借金をしている人は結婚相手の対象にならないほどです。

ということは、結婚してからの隠れ借金は夫婦の信頼を大きく損ねる原因となります。場合によっては離婚の原因となるでしょう。結婚をした以上、お互いのお金は自分のものとは言えなくなりますし、いざという時はお互いで助け合う義務が生まれます。だからこそ、自分のお金でも勝手に使いすぎてはいけないし借金などもってのほかと言えます。

配偶者の借金を肩代わりする必要はない

もし、借金がどうしても支払えなくなれば債務整理となります。債務整理は借金を減らすあるいはなくすための制度ですが個人の借金はあくまでも個人の責任です。仮に借金の額があまりに大きすぎて自己破産をするような場合でも配偶者が代わりに借金を支払う必要は一切ありません。

ただし、例外として法律上配偶者の借金を支払うという契約をした場合、例えば保証人や連帯保証人契約をした場合には支払い義務が発生するので注意しましょう。

隠れ借金は、思いのほかばれていることが多い

借金をしている人は生活が変わる

隠れ借金を隠すのは非常に難しく、多くの人がばれてしまうあるいは疑われてしまいます。つまり、隠れ借金を見抜くこと自体は大して難しくありません。例えば収入が急に上がったわけでないのに支出が多くなった、買い物が増えた、夜帰ってくる時間が遅くなってきた、生活費が減ってしまったなど、今までに比べてお金の変化が絶対に出てきます。

なぜなら借金は何かを買うために使いきり、しかもその後は借金の返済が必要になるからです。つまり普段の支出にプラスされる分収入が減るわけです。そのため、お金の使い方が変わったなと感じたらしっかり話し合う時間を設けることが大切です。借金をしてしまったことはしょうがないのでまずはいくらになっているのかを明らかにしましょう。場合によっては債務整理も必要です。

どうしても話してもらえない時は最終手段を使う

とはいえ、借金について上手く聞くことができない、はぐらかされてしまうといった悩みを持っている人は多いでしょうし、借金を追求することで夫婦仲がこじれてしまうと考える人もいると思います。そんな時にも弁護士に相談することがおすすめです。

弁護士は法律のプロでありながら借金問題の実像もよく知っているため相談してよかったと思える答えが返ってくるはずです。そもそも、借金がばれて夫婦仲がこじれたとしてもあなたに非はありませんし離婚すら考えるべき問題です。もし、自分で借金を明らかにしたい場合は信用情報機構への照会をすると配偶者に話します。

本当ならこっそり借金を調べたいところですが無断で他人の借金を調べることは許されていません。ただ、委任状をもらえれば可能なので何かしらの口実で(カードを作れなかったからなど)配偶者の信用情報を調べるための委任状へのサインを頼みます。この時に断固として拒否した場合は間違いなく借金をしています。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧